FC2ブログ

ゴマすり(笑)

DSCN7812_RS.jpg ダンロップD803GP
うちではほとんど使うことがないタイヤですが、ヒルクライムスペシャル当日に野崎選手に乗ってもらうMyセロー250に装着します。私が買ったものじゃないけど。
新作DVDに使われるかもしれない撮影がある予定ですんで、やはりスポンサーさんは大切ですからね。イー森の壁スクールでは撮影がなかったんで、ツーリストのままでしたが、去年の難所巡りではD803GP履いてました。
でまぁ、せっかく映るなら目立った方が良いんじゃないかと、まぁ野崎選手へのゴマすりで黄色くしてみました(笑)。

ヒルクライムやってきました

先週整備したすり鉢クライムと池からクライム、虎車でライン付けしてきました。路面コンディションは、昨日夜から雨降ったので良くありませんでしたけどね。
すり鉢クライム、難しいです、虎車でも。1回しか上がれなかった。一緒だった2人は上がれず。めちゃ急だし、狭いんで、失敗した時のリカバリーも超大変。当日路面状態が良くても、オフ車だとめっちゃすごく大変です(笑)。
池からクライム、これは路面が良くない割には私にとっては難しくありませんでした。3回上がったし。でも、他の2人は上がれず。Mバラさんは、最後の一回めちゃめちゃ惜しかったねぇ。上がれたと思ったんだけどねぇ。でも、ここも、セローやトリッカーだと、めちゃめちゃたいへんだろうなぁ。リカバリは、しにくくはないと思うんで、そこはやる気になりますけどね。
終わりがけに雨強く降ってきちゃったんで、最大の難関ソルジャークライムはトライせず。また今度ね。ちなみに、平谷への道の最終日にやりましたが、私含め誰も上がれなかった、虎車でね。でも、ずいぶん昔、まだ作って間もない荒れてない頃にトリッカーで上がったことはあります。今はそのころよりもずいぶん難しくなってるけどね。

サイダー道クライムとか、近道クライムは、どうしようかなぁ。一応、整備しに行っておこうかねx。。

ということで、ヒルクライムSpl当日、さわやかクライムは一つもありません。リカバリーしまくってみんなへろへろになること請け合いです(笑)。2班に分けて、お助け交代しながらやるんで、大丈夫だと思いますが。でもまぁ、野崎君的には「さか、坂、ただの坂だって、簡単」って言うんだろうなぁ・・・きっと。。かなりの覚悟とチャレンジ精神を持ってきてくださいよ。

ヒルクライム出来んかったら

ソルジャー岩とその上、上ろうか??  良い案だろ(笑)
ヒルクライムと言えないこともない・・・だろ?

9月に、上の方整備しに行くかな(笑)。

昨日と今朝の成果

昨日と今日の朝は、10月のヒルクライムSplで使いたいヒルクライムの整備をしてきた。
P8251262_RS.jpg  すり鉢クライム 写真じゃわからないけど、めっちゃ急坂なんです。

で、今朝は、池からクライムと、ソルジャークライム
P8261275_RS.jpg 池からクライム ずっと下から駆け上がって来て
P8261274_RS.jpg 少々石が埋まってるのも気にせず
P8261268_RS.jpg 直登ラインを駆け上が・・・れるかなぁ??
P8261265_RS.jpg  最後がめっちゃ急だし。。
ソルジャークライム
P8261282_RS.jpg 思いっきり全開(2速)で駆け上がり
P8261281_RS.jpg 直登で見えなくなるまで。。
次回は、虎車でラインならしに行こうかな。

今朝の一番の成果は“石川クライム”。
ソルジャークライムの近くに、新たにみんなで楽しめるヒルクライムが完成(写真無し)。で、みんなで試走。まだまだラインができていないので最初は超ムズイ。だんだんラインができてきて、魔王が最初に登頂。
誰にも上がれると思われていなかった(笑)石川君、2回目くらいで、あれよあれよという間にクリーン登頂!で、みんな、超々ビックリシャックリ!!!その後何度やっても上がれる気配もなかったんだ・・・なぜ上がれたんだろう?ということで、“石川クライム”と命名されました。結局、なかじまさんただ一人登頂できず(笑)・・・次回頑張りましょう。

10月8日(体育の日)の“野崎史高選手に教わって上がろう、超絶?ヒルクライムスペシャル”、エントリー受け付けています。が、超不人気なのか(笑)、まだエントリーは2人だけ。当日が休みじゃない方は、はやく有給取ってエントリーしてくださいね。まだ、あと7名大丈夫ですよ。
申し込みは、info-k@tandem-kt.com へ、「ヒルクライムエントリー」の件名で、メールでお申し込みください。(必須)
野崎選手とすごす至福の一日、絶対参加したほうが良いに決まってます。ただし、ヒルクライムのいくつかは、それなりに過激です。

「野崎選手に教わって・・・」参加申込受付初めました

先日のエンジョイダートinイー森に、野崎選手が持ってきてたセローがこれ。タイヤとハンドル以外ノーマルです。普段乗ってるのをイーハトーブトライアルに送ってしまったそうで、私のところに「タンデムセロー貸してくれない?」って電話あったんですが、新型セロー導入に伴いすでに売約済みだったので、急遽用意してもらったものだそうです。
で、野崎選手、このスプロケ(減速比)ノーマルのセローで、バンバンすごいことやっちゃってました。ふつうにステア上がるし、壁も軽く、岩飛びも。ノーマル減速比だとフロント上げるのだって大変だし、高いステアなんかトルク負けしちゃうんじゃないの?って私のようなへたっぴは思うんですが、野崎選手レベルだと操作で対応できちゃうんだねぇ。あらためて「すげぇな!」って感心しちゃったよ。
わたしなんか、ノーマルセローじゃぁ、なぁんにもできないよ。

さて、で、そんなすっげぇ野崎選手と丸一日走りまくるイベントが10月にあります。もうずいぶん前に予定は押さえてあったんですけどね。去年のめちゃめちゃ楽しくて好評だった“難所巡り”につづく野崎選手シリーズの第2弾、“野崎史高選手に教わって上がろう、超絶?ヒルクライムスペシャル”です。セロー・トリッカー+我々の腕前では「ほぼ限界かな?」ってくらいのヒルクライムを野崎先生にかるく上ってもらって、「えぇ~・・なんでそんなに簡単に上れちゃうの?俺らでもかるく上れるように教えてください」ってイベントです。ね?めっちゃ面白そうじゃないですか?。野崎選手に当日乗ってもらうのは、タンデムの新型セローになります。


開催日は、10月8日(体育の日)です。全日本選手権トライアル中部大会の翌日です。去年は難所巡りのために余力を残して2位だったんですが、今年は遠慮なくきっと優勝すると思うので、気分良くニコニコで教えてもらえる予定です(笑)・・・よね??。
レベル的には、中級以上を想定しています。タンデム通常トレックでほとんど引っ掛からないくらいのレベルの型が対象かな。ヒルクライム間の移動もそこそこ大変ですから。見学だけは、できません。

参加費は1万円(保険代、昼飯代含む)です。
     すでにタンデムでスポーツ安全保険に加入している方は8000円です。

募集人数は、最大9名とさせていただきます。
     わたしを入れて最大10名ってことね。

参加可能車両は、国産トレール車。EDマシンは不可です。タイヤは、トライアルタイヤ限定。爆音君お断り。

申し込みは、info-k@tandem-kt.com へ、「ヒルクライムエントリー」の件名で、メールでお申し込みください。

注・・・路面コンディションが悪くてヒルクライムができない場合は、難所巡りパートⅡとなります。あらかじめご承知おきください。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード