FC2ブログ

オーリンズ その15 セロー250用も販売開始です。

タンデムオリジナル仕様 セロー250用オーリンズサスペンション販売開始です。


昨日は、ピンポンパンでした。が、その前の早朝に、
・ヒデちゃんセロー250
(タンデム仕様オーリンズ装着、フロントPDバルブチューニングのオーリンズ向けセッティング)
・ミヤバラさんセロー250
(タンデムリヤサスチューニング・ハードスプリング仕様、フロントPDバルブチューニング)
・私トリッカー
(タンデム仕様オーリンズ、フロントPDバルブチューニングのオーリンズ向けセッティング&Splスプリング)
の3台で、定番コースでガンガントレック&セロー250用オーリンズテストでした。

舗装路から林道に入って、いきなり全開です。途中、倒木に突っ込みそうになりつつも、ガンガン開けて走ります。
で、爽やかトレックルートに入りますが、ここでも開け開けで行きます。めっちゃ快適です。他の2人は、開始10分で腕あがり(笑)。まぁ、それくらいのペースで走ったってことです。土曜のトレックで、林道やさわやかルートで良いのはわかってたことですが、ヒデちゃんにも感想を聞いて、良いことを確認して次のルートへ。
今度は、少々荒れたルートです。ここでは、下って上ってを、3人でとっかえひっかえマシンを交換しつつテスト。3車それぞれの良さや違いを実感できて、ここはすごく有効でしたねぇ。
で、またトレックルートをガンガン飛ばして走ります。思いっきりバンクを使ってボブスレーのように下る場面もあり。最後は、めちゃガレたルートを下って上って(上りでヒデちゃんに抜かれたぁ)、舗装のワインディングを少しだけカットんで終了。
いやぁ・・面白かった。定番コース、けっこう楽しめますねぇ・・・ガンガンだと新鮮だ。

さて、結果。
私のトリッカーに付けた、FフォークのSplスプリング。良いですねぇ、なかなか良いと思います。ノーマルスプリングと比べて劇的にちがうわけではないんですが、ボトム付近ですこし堪える感じがふえていますね。イニシャルの量をほんの少しだけ増やしても良いような気がしないでもないけれど、じゅうぶん合格でしょう。下りの段差で刺さるように下りてもさほど不安を感じることもありませんし、上りでもはねられるようなこともありませんしね。OKでしょう。

で、本題のセロー250のトレック仕様向けのオーリンズサス。結論からいうと、フルサイズトリッカー用と同じものでOKですね。ダンパーのイニシャルを少し変えるだけで十分ですね。
土曜のトレックで、爽やかコース、林道、舗装路でバッチリだったんですが、通常レベルのトレックコースのガレたところや急な上り下りでのチェックがまだだったんですね。同じものでも、トリッカーに付けるのとセロー250に付けるのとではずいぶん感じが変わります。セローに付けた方が、どちらかというとやさしいというかしっとりという感じかな。硬いスプリングのおかげで適度に姿勢変化が抑えられて、反応も良く、操作しやすいですね。操作のタイミングが取りやすいと言ったらいいんでしょうか。よりアクセルが開けやすいですね。
オーリンズに合わせて、トリッカーの時の経験を元にセッティングを変えたフロントフォークも良好で、こちらも姿勢変化が大き過ぎずに乗りやすいです。
これで、販売開始でOKですね。良かったよかった。

で、一緒に走ったもう1台のセロー250ミヤバラ号です。こちらは、リヤはノーマルサスベースのタンデムチューニングでハードスプリング(オーリンズの標準仕様のスプリングとほぼ同じバネ定数)で、フロントはPDバルブを入れています。
あらためて比較試乗してみると、これはこれで良い面がありますねぇ。まぁ良いのは当たり前なんですが、どっちが良いの?て言うと、好みの問題でしょうねぇ。こちらはほんとにしっとりしなやかで、良く吸収してくれます。バイク任せで走るようならこっちの方が快適かな。積極的に操作するような乗り方だと、動き過ぎて操作のタイミングが一瞬遅れるかなぁって感じの部分がありますが、これはもう「比較すると」ってことで、あらためて乗って良さを感じましたね。チューニングのお値段も、オーリンズの半値以下ですしね。それでこの性能ですからねぇ・・かなりお得感ありと思いますよ。



お値段は、
リヤのオーリンズサスが、85,000円(税別)
取り付け工賃は、リンクグリスアップ&スイングアームにグリスニップル取り付けもする場合7,000円(税別)です。
すでにやってあってサスのみ交換の場合2,400円(税別)です。
FサスのPDバルブチューニングが23,000円(税別) フォークスプリング4,000円(税別)
DRCフォークスプリング 8000円(2015年/1月以降は、こちらをお勧めしています)


セロー250用仕様選択の一例

・ノーマル車 → 標準仕様
・林道さわやかツーリングがメイン → 標準仕様
・林道ガンガン走行やたまにコース走行やレース使用 → タンデム仕様(Fサスチューニング必須)
・トレッキング&トライアル的な使用 → タンデム仕様(Fサスチューニング必須)


試乗したヒデちゃんやミヤバラさんが、きっとコメントしてくれるでしょう(笑)。。

オーリンズ その14

今朝は、ヒデちゃんセローにオーリンズを付けて初心者トレックへ。
集合場所までを山越えで行くと、てごろなワインディングがあるんですが、なんだかめっちゃ曲がりやすかった。すっごく自然にぐいぐい曲がります。車体姿勢がバッチリ決まってたんでしょうねぇ。トレックの途中に走った林道でも同様で、すっげぇ快適。サスの動きもばっちりでしたねぇ・・林道では。ツーリスト履いていると、ずいぶんノーマルタイヤの時とサスの感じが違いますねぇ。林道&ワインディングは、もう言うこと無しのバッチリだと思う。
で、トレックでは・・。まぁ今朝は初心者トレックだったので、さほど荒れたところや急坂を上り下りしたわけではないんですが、おおむね良好かな。
明日の朝、ヒデちゃんと2人で、ピンポンパンの前にひとっ走りしてテストして来ます。で、ピンポンパンでもテストしてみて、それでほぼ決まるでしょう、きっと。Fサスも少しだけ変えてみたので、その具合も確認しておかないとね。


で、さて、私のSplトリッカーのFサスペンション、「欲を言えば・・」って部分をなんとかしようと考えて、スプリングを替えてみることにした。でも、替えてみるって言ったって、そうおいそれと具合の良いスプリングなんてあるわけも無く、作ってしまおうかとも考えてたんですが、良さ気なもの見つけちゃったんですねぇ。で、今日それが届いたので、ノーマルスプリングと比べてみた結果、「もしかして、良いんじゃない?」って感じだったので、早速交換。
トリッカーのフォークスプリングは、不等ピッチスプリングで、バネ定数が2つあります。で、見つけたものは、やわらかい方のバネ定数がほぼ同じで、硬い方のバネ定数だけが2割ほど硬いものなんですね。これで、ストローク100mmくらいまでは同じ感じで、それより沈み込んでボトム付近になるとぐっと堪えてくれるようになる・・・予定(笑)。
これで、早朝にヒデちゃんとテストして、ピンポンパンで1日走ってみて・・・・良い結果になると良いなぁ。。あぁ~楽しみだ、早く明日にならないかななぁ。。

で、今回のスプリングの具合が良ければ、セロー250のメニューにあるようなPDバルブを使わないお値打ちチューニングもメニューに入れれるかもしれない。こちらも、テストしてみないとなぁ。。


明日は、天気良くって暖かくなる予報ですね。皆さん、キョウセイでお待ちしていますよ。一緒に楽しみましょう!
お店はお休みですよ。

オーリンズ その13

ヒデちゃんにトレック仕様のセロー250を貸していただきました。で、オーリンズリヤサス装着。
散歩コースでの試走では、なかなか良い感じ。
土曜の初心者トレックは、このセローで行く予定。
日曜のピンポンパンの前に、ヒデちゃんと2人でガンガントレックでテストして、ピンポンパンで1日乗ってもらって、その結果が良ければ、セロー250トレック使用向けタンデム仕様販売開始となります。来週の更新をこうご期待。

さて、私のトリッカーのFサスペンション、3/2にトライアルトップレベルのライダーに乗ってもらってアドバイスをもらい、それから手を加えてずいぶん良くなったと感じて私としてはOKだと考えていました。昨日、機会があったので、その時のライダーに乗っていただきました。「前乗った時よりすごく良いですよ。欲を言えばボトム付近での踏ん張りがもう少し欲しいと思うけれど、初期から中間の動きは入りも戻りもなかなか良いですしね。良いんじゃないですか。」って答えをもらいましたんで一安心。「欲を言えば・・」って部分を何処まで求めて何処で妥協するかってのもあるんですが、サス自体の構造、PDバルブの仕組み、新たに部品を作るとなるとそのコストなど考えると、十分及第点でOKだという結論で良いでしょう。「このリヤのオーリンズはほんとに良いですね」とも言ってもらいましたし。。
PDバルブが欠品中で月末にならないと入って来ないんで困っていますが、10個入って来て6個ほどは在庫できる予定ですから、さぁ皆さん「いっぱい注文ください」ね(笑)。。

フルサイズトリッカー用 OHLINS タンデム仕様の販売開始です!!

タンデムオリジナル仕様 フルサイズトリッカー用オーリンズサスペンション販売開始です。

私自身のフルサイズトリッカーでテストしていたオーリンズのリヤサスとフロントサスのPDバルブ入りのセッティング、すごくいい感じになりました。以前よりはずいぶん入りを抑えたセッティングなんですが、小さなショックもちゃんと吸収してくれつつ、急な下りでも入り過ぎず姿勢変化も抑えられ、安心して下っていけます。ペースを上げた走行にも対処できます。リヤのオーリンズは、トライアルトップレベルのライダーからのアドアイスをもとに決まっていたんですが、PDバルブのセッティングもOKかと思いますね。フォークスプリングのなじみ具合に合わせてワッシャでイニシャル調整するようにしましょうかねえ。
前後とも反応が良いサスのおかげでマシンが軽く感じられますねぇ。乗っててすごく楽しいですねぇ。

これで、フルサイズトリッカーのトレック仕様向けのセッティングはOKでしょう。これまでの経過は、このオーリンズのカテゴリーでご覧下さいね。
この仕様は、比較的険しい場所でトレッキングしたりトライアルごっこをしたりするような使い道で、より積極的にマシンコントロールして楽しみたい方向けの仕様です。「普段はトレッキングを楽しみ、たまにはトライアル大会のオフ車クラスの出て成績を狙いたい」ってな方に良いかと思いますね。もちろん、林道だって、けっこうガンガン走れますよ。私にとってはすごく良い性能で満足いくものですが、どなたにでもマッチするものとは限りません。爽やかにやさしいオフロードで楽しみたい方には、Gsense様標準仕様のほうが良いかとも思います。お買い上げの前に、十分ご相談くださいますようお願いいたします。使用方法の変化なので仕様を替えたい場合はオプションのスプリングを購入されれば、相互の仕様変更も可能です。
このタンデムオリジナル仕様の場合、フロントサスペンションがノーマルだとバランスが良くないので、FサスのPDバルブチューニングとセットでの販売となります。
タンデムオリジナル仕様は、特別仕様でセットしていただいていますので、通常仕様より少しお高くなります。

お値段は、
リヤのオーリンズサスが、85,000円(税別)
取り付け工賃は、リンクグリスアップ&スイングアームにグリスニップル取り付けもする場合7,000円(税別)です。
すでにやってあってサスのみ交換の場合2,400円(税別)です。
FサスのPDバルブチューニングが23,000円(税別) フォークスプリング8,000円(税別)

トリッカー用仕様選択の一例

・ノーマル車 → 標準仕様
・フルサイズ 林道などで爽やかに使用 → 標準仕様(Fサスのチューニングも推奨)
・フルサイズ トレキング&トライアル的な使用 → タンデム仕様(FサスPDバルブチューニング必須)


セロー250用タンデムオリジナル仕様は、ただいまテスト中です。発売まで、もうしばらくお待ちください。

オーリンズ その12

今朝、仕事前に、セローで林道に行ってきました。以前テストしたのと同じ林道へね。
昨日は、「私は、こっちの方が好き」と書いたハードスプリング仕様ですが、今朝しっかり走ってみて印象が変わりました。
林道までの舗装路やワインディングは普通に快適です、普通にね。ワインディングでは、コーナリング時のリヤの沈み込みが少なくなっているせいでずいぶん感じが違います。普通によく曲がります。でも、やはり少しスプリングが硬い感じはしますね。最初に標準仕様で行った時にダンパーダイヤルを締め込みぎみにして走った時の方が、なんだか気持よく快適だった気がします。

で、まず、比較的フラットな林道から、ん~ここは昨日の堤防ダートほどではないけれど良いですね。開け開けで行くには良い感じです。でも、座ってのんびり普通のペースで走っていると・・・いまいちかなぁ。昨日の堤防ダートは、ほんとにフラットで乗用車でも走れてしまうような道で、そこではすごく良い感じだったんですがねぇ・・・今朝の林道ではそれほどでもないなぁ。

で、狭くて荒れた道、岩盤が出ているようなところもあり、石が浮いているところもあり、水の流れた轍もありって道ですが、ん~・・・なんだかあんまり良くないなぁ・・・曲がることはいいんだけど、荒れたところを開けていくのになんだか気持ちよくない。ダンパーを締めたり緩めたりしてみたんだけど、どちらもいまいち。座ってゆっくりペースでも、なんだかいまいちしっくりこないなぁ。

タンデムのスペシャルサスをつくる時からわかっていたことだけど、同じ仕様のものを付けていても、セローとトリッカーではぜんぜん違います。

これはねぇ・・ノーマルタイヤで街乗りやツーリング、林道ツーリングなどの、普通のセロー250の使い方だと、標準仕様に軍配が上がるなぁ。いろんな場面でトータルで標準仕様、良くできてますね、さすがに。ハードスプリングだと、標準より良い部分はもちろんあるんだけど、場面的にはけっこう限られるなぁ。


で次はトレック仕様に付けてみますね。ツーリスト履いていて、けっこうな急坂も上り下りするし、沢も走るし、段差越えも。私たちにとっては普通の使い方ですが、まぁ一般的には普通の使い方じゃぁないですね。こちらはどうなんでしょう?こればっかりは、付けて走ってみないとわかんないね。。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード