FC2ブログ

他力本願のセロー250モデファイ企画

セロー250 油圧クラッチ化計画
 決して軽くて操作性が良いとは言えないセロー250のワイヤー式クラッチ。まぁ通常はとくに不満を感じる方は少ないのかな?。しかし、虎車の油圧クラッチを知ってる方には、なんとも不満タラタラな感じです。ちょっと激しく使うとレバーの遊びが大きくなりすぎちゃうし、ハンドルきれ角によっても遊びが変わるんですね、ワイヤー式では当たり前なんだけど。油圧クラッチならそういうことは起きないんですね。操作性もワイヤーの抵抗がなく軽くなりますしね。外車の虎車やEDマシンでは、今や油圧クラッチが常識です。でも、国産オフ車やED・MXマシンでは、本当か嘘か定かでないが「アメリカで油圧クラッチは要らないって言われてる」らしく、いまだにワイヤー式ばかり。やっぱり油圧クラッチでしょう。でも、油圧と言っても、市販されているエンジン側のキャリパー?が短いワイヤーを引っ張る“なんちゃって油圧クラッチ”ではダメなんですね。ちゃんと油圧でダイレクトにレバーを押すタイプでないとね。スコルパのSY250がそうなんですが、残念ながらスペース的な問題もあり、セロー250には付けようと思っても無理。じゃぁどうする?って、エンジン側のキャリパー?というかシリンダーを造るしかないんですね。しかし、私には工作はできません。じゃぁどうする?っていったら・・・チャンプが居るじゃぁないですか。で、なんとグッドタイミングなことに、只今チャンプがとあるお客様のFiトリッカーにつけるために画策中なのである。昨日チャンプのところで実現の可能性を伺うことができ、近々試作1号ができる予定らしい。できたらさっそく2号を私のセロー用にも造ってもらおうっと。それでテストして結果がよければ、製品化の可能性もある模様。
 で、その油圧クラッチを取り付けた場合、マスターシリンダはAJPになるんです。そのとき、一緒にブレーキのマスターシリンダもAJPに交換するつもり。これにより、ブレーキの効きがかなり良くなりますからね。

セロー250 強化アンダーガード計画
 これまで、力造のものを使ってました。これはこれでいいんですが、材質が52Sアルミ材なので柔らかくてすぐ変形します。それでも、エンジンやフレームは守ってくれるし、柔らかい分フレームへのしわ寄せがなくていいんですけど、よりトライアル的なことや沢走りをするには少々心もとないかなと思い、もっと硬い、虎車のアンダーガードくらいの材料で作ってもらいました。とりあえず、試作品。走ってみて、変形の具合や、フレームへの影響などをテストします。セロー250は、ダウンチューブがボルトオンなので、何かあったら替えればいんで気楽かな。。
PB054124.jpg


 11/1に書いたセローのお客様がいらっしゃって、「買ったお店に行って話してきたけど、全然ダメでは話が通じなかった。有償なんだそうだ。」とおっしゃる。結局、当店でしっかり整備することに。お客様曰く「なんだか高い買い物しちゃったなぁ・・」と。なんだかなぁ・・・気の毒だけど、しょうがないからなぁ。。中古車購入時には、お店選びがすごく大切だ・・・ということ。。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。

>エンジン側のキャリパー?

スレーブシリンダーって言います。
マスターシリンダーに対し、スレーブシリンダーです。

マスター→主人(使う側)
スレーブ(slave)→奴隷(使われる側)

ってことです。


トレッキング、興味あります。予定があうとき参加させてください。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード