FC2ブログ

タンデムのツーリングセロー

DSCN9049_RS.jpg タンデムで組んだツーリングセローです。
ぱっと見は、普通で何も変わりありませんね。でも、他所で買うのとは違いがあります。
DSCN9051_RS.jpg 前後サスのスプリングが、少し硬いものに替わってるんですねぇ。
たくさん荷物を積んでツーリングに行くことが前提のツーリングセロー、フロントにはアドベンチャースクリーンも付いていますから、サスのスプリングは何とかしたいところですね。イニシャルを多めにかけるって手段もあるんですが、やっぱり少し硬いスプリングをセットしたいところですね。もちろんイニシャルは調整しないといけませんがね。荷物積んだり高速も走るってことを考えると、ダンパーはそのままでいいと思います。これなら、初期作動はほぼノーマルと変わらすに、フロントの過度なノーズダイブは押さえれますし、リヤも荷物満載時に異常に沈みすぎて乗り難くなったりしにくいでしょう。
ということで、タンデムでお買い上げいただくツーリングセローは、標準でサスのスプリングが違います。
それと、もうひとつ、
DSCN9053_RS.jpg  DSCN9052_RS.jpg ハンドガードはきれいにつけます。
グリップゴムの端をくり抜いてエンドの盛り上がりを残してきれいに取り付けますよ、あたりまえですが。
でもね、実際問題、エンドをカットしまうようなありえない取り付けをするお店ってすごく多いんですよ。
DSCN4903_R.jpg  DSCN4904_R.jpg こんなふうにね。
新車で買ってこんなふざけたことされてたら、私なら怒っちゃいますけどねぇ。まぁ、気にしない方も居るとは思いますが。

ということで、タンデムのツーリングセローは、
・独自の納車整備
・キットパーツはちゃんと取り付け
・前後サススプリングを少しだけ硬いものに変更(ノーマルスプリングは部品でお渡し)
ということになります。
で、登録料や整備料やスプリング代は車両価格に込みです。
なので、乗り出し価格は、車両代(メーカー希望小売価格)+重量税+自賠責+ナンバー代となりますね。
県外登録の場合は、現地の行政書士に代行を依頼するので、別途が必要です。書類の送料など含めておおよそ8000円ほどかと思います。県外だからと言って、とんでもない登録料をいただいたりしません。

聞くところによると、新車のセローの4割ほどはツーリングセローで売れているらしいんですが、タンデムでのツーリングセロー比率は、はるかにそれより少ないんです。まぁこんな(かわった?)店ですしね(笑)。

あっそうそう、ヤマハの広報車両のツーリングセローは、ちゃんとグリップくり抜いて付けてますね。この動画見るとわかります。まぁ「そりゃそうだわなぁ」ってことですが。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード