FC2ブログ

ツーリングセロー

DSCN8181_RS.jpg タンデムでは、ツーリングセローが売れることもあるんです(笑)。
お山用のセローやトリッカーばかりを扱っているわけではなくて、ふつうに通勤やオンロードメインのツーリングに使う方だっていらっしゃるんですねぇ。

新型セローでツーリングセローにしたのは、これが初めて。アドベンチャーリヤキャリヤ、旧型よりめんどくせぇなぁ・・取り付け。ライセンスブラケットの孔を広げなきゃいけないんだけど、これが結構大変。こんなん、最初から簡単に切り取れるようにその部分だけ薄くしておくとかしときゃ良いのに。ただ、けがき線があるだけだし、広げる孔の形が複雑だし、ノコやカッターじぁ絶対無理だし。
だけどまぁ、そりゃお客様には関係ない話だから、まぁどうでもいいですね。

で、お客様にも関係する話はというと・・・。タンデムでツーリングセローを買うと、他所とちょっと違うよってお話。

まずは、皆さんすでにご存じのように、ステアリングやリヤのリンクも分解してグリスアップしたり、スイングアームのピポットにはグリスニップルを取り付けたり、タンデム独自のばっちり整備をするってことですね。
DSCN8164_RS.jpg 今回のもリヤサスの下側取り付けはこんな具合。
他はまぁまぁグリスついてるんだけどなぁ・・・ここがバッチリだったことなんてほとんどない気がする。ここが一番かじりやすい部分なんだけどね。まぁそれでも、オンロードしか走らなければ、すぐに焼けてかじっちゃたりはしませんけど。
DSCN8175_RS.jpg  DSCN8176_RS.jpg グリップもちゃんときれいにつけますよ(笑)。
こんなふざけた取り付け方はしません
DSCN8184_RS.jpg ん?サスのスプリングが違う??
そう、タンデムでは、ツーリングセローの前後サスペンションには、もれなく少しだけ硬いスプリングが付きます。前にはそう重くはないけれどスクリーンが付いてるし、後ろには大きく重たい荷物を積むこと前提のキャリヤが付くし当然荷物も載せますよね、ツーリングセローですからねぇ。なので、「ノーマルのままじゃぁいまいちでしょう」って考えですね。追加料金はでません、これがタンデムでは標準。
っていうか、こんなディーラーでのパッケージ車みたいなんじゃなくて、もし仮にヤマハからツーリングセローってモデルが出てたとしたらば、グリップを端っこでカットしてあるようなことはありえないし、サスのスプリングだって同じものってこともないでしょ。

ということで、お山遊び用のセロー250・フルサイズトリッカーもぜひともたんデムでお求めくださいね(笑)。
いま、良いフルサイズトリッカーの中古車ありますよ。サスも良くしてあるんでお勧め。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード