FC2ブログ

なんもくれぽぉと

野崎選手のブログに、南牧耐久レポートアップされましたね
いやぁ・・・楽しんで走って頂けたようでなによりですね。

えっ?自分で作ったマシンにぶち抜かれる時の気持ちですか?
そうりゃぁもうねぇ・・悔し・・くはないですよ。だって乗ってるのが野崎選手ですからねぇ・・抜かれるのはわかっていたことですからね(笑)。でも・・ぶち抜いて行く時に、ニヤつきながら“バババッバッバァン”って無駄に空ぶかししていかれたのはねぇ・・(笑)。「こらぁ~・・・のざきぃ・・・なんか嬉しそうに抜いて行きやがったなぁ」って思ってました。。

>勝てなかったのも悔し…(×_×)
>今年の南牧耐久は、新たな挑戦に、タイム満足感、減点、大変不満足

って、勝つつもりだったのね。
ということは、勝つつもりにさせるマシンだったわけだ、タンデムトリッカー。
すげぇな・・俺      ってことにしておいてください。。(笑)

>あのマシンにて、またリベンジさせてください(>_<)(^_^)v

もちろんOK。 ちゃんと、シフトペダルの取り付けは、対策施しておきますぜ。。
うちのお客様もリベンジしなきゃいけない方もいるし、新たにチャレンジするであろう方もきっといるでしょうから、来年もきっと行きますしね。。だけど、次回は、抜かれるのは1回におさえたい、まじめに。。
あっ、そうそう、ヒデちゃんにトリッカーに貼る1番のゼッケン作るのを頼めるようにしておいてね(笑)。



でもねぇ・・真面目な話、ドローンかなにかで野崎選手が走ってるところをずっと映してるような動画が欲しいって思ったね。抜かれる一瞬しか見てねぇからねぇ。野崎、成田、磯谷の3選手の走ってる動画はマジで欲しいって思うなぁ。自分やほかの選手のは要らないけどね(笑)。


私にとっては、トップライダーに乗ってもらえるってのは、すごく大切なことなんですね。タンデムではトップライダーの為のマシンをつくっているわけではなくて、一般のライダーが楽しくお山遊びをできるマシンをつくっているんですね、自分でいろいろテストしながらね。自分が納得できるものをつくってお客様にお勧めしているわけですが、それが頓珍漢なマシンじゃだめなわけで、ちゃんとした性能の乗り易いマシンでないといけないんです。腕前も予算も使い方ものめり込み具合もいろいろなお客さまがいらっしゃるわけで、それぞれにとって楽しめる良いマシンじゃないとね。そこで私の感性や方向性など頓珍漢な部分があったら、トップライダーに「乗ってみたい」って感じてもらえるマシンになることはないわけですから。まぁ答え合わせ的な面も多々あります。
なので、野崎選手にも感謝しています。来年もイベント(スクール)に来ていただけるようお願いしますので、ぜひともよろしくね。真冬のナイトトレックに来る??遊びに。あっ、でも、夜じゃぁ、走りは見れないな(笑)。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

GATTIでも優勝できなかった平谷に出てもらって大将トリッカー優勝てのはどうでしょうか
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード