FC2ブログ

いよいよ来週です!野崎史高選手に教わって上がろう、超絶?ヒルクライムスペシャル!!

いよいよ来週に迫ってきましたね。もうねぇ・・楽しみでしょうがないですね。台風や天気が心配だけど、こればかりはどうしようもないんでねぇ。

予定しているヒルクライムは、すべて、失敗したときにマシンに跨ったまま堪えようとすると確実に捲れて落ちてくるようなところばかりですから、行けるかいけないかは早めに判断してマシンから飛び降りるかマシンを倒してステップを引っかけるかして止まってくださいね。リカバリーが超大変ですが、半数づつ2班に分かれてお助けに立ちますんで、安心してチャレンジしてくださいね。ただ、「こりゃぁ自分には絶対無理だ」って感じたら、チャレンジしない勇気も大切ですよ。
パワフルなEDマシンにすごく上手な方が乗ってトライすれば簡単に上がれてしまうくらいのたいしたことないヒルクライム(笑)ですが、私たちレベルがセローやトリッカーでトライするとなると超難しいところばかりです。

書いてもどんなヒルクライムかわからない(わかる方もいるけどね)でしょうが、一応予定など。
路面コンディション次第なところが大いにあるんですがね。

まずは、“ぼぼぼ坂”でウオーミングアップ。乾いてりゃぁただ開けるだけの簡単なヒルクライムです・・乾いてりゃぁね。まぁまぁ助走で勢いを付けれますんで大丈夫。
次に、“ブチ切れ坂”。ここもコンディションが良ければたいして難しくありません。助走はほとんどありませんから、いかにグリップさせながら上がるかが課題です。姿勢とかスロットルとか、いかにしたらグリップを失わずに行けるかを学ぶ予定です。
午前最後は、“すり鉢クライム”。ここは急ですよ。ちょっとビビります。虎車でも、上るの大変ですから。斜度にビビらずに心を落ち着けてコントロールしないといけない。いかにスタートから加速するか、急斜面でマシンを抑えるかですね。

お昼ご飯は、弁当係のSさんが買って持ってきてくれますんで、お山の中ってわけにはいきませんが、開けた場所で食べましょう。去年の難所巡りでは20分しか昼食に時間とらなかったので、今年は30分にしましょう(笑)。駄弁ってる時間があったら走ってたほうが良いですからね(笑)。

午後は、少し移動して・・
“池からクライム”です。先日、直登ラインをつくったので、トライしましょう。ここも助走が少ないので、いかに上りながら加速するかです。途中、少し岩盤が出ている部分がありますのでグリップを失わないようにコントロールして、最後にもうひと開けして急斜面を上がります。上りながらいかに加速できる部分でうまく加速するかですね。
最後には、“ソルジャークライム”です。ここは1速では絶対無理だと思います。我々の減速比のセロー・トリッカーだと、2速全開レブリミッターが効くくらいで助走していきます。スピードにビビらずにコントローるして、上部分はめちゃめちゃ超急なので、トルク負けしそうになるのをいかに堪えて捲れないようにグリップさせていくかです。ここ上がれたら、超爽快な気分で帰れますよ(笑)。

皆さんが、かぁるくクリアしちゃって時間が余ったら、最後にソルジャー岩にでもチャレンジしますか??

もしも、あまりにも路面コンディションが悪くてヒルクライム出来ない場合は、難所巡りパートⅡとして昨年の難所と同等かそれより難しいところで教えてもらうことになる予定です。

晴れてくれぇ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード