ハンドガード

Q&A掲示板に【セロー250のレバー保護について2017/11/09 (Thu) 12:54:31】といったハンドガードについての質問があったので、少々長くなるのでこちらでお答え。
まず、私個人の好みですが、私はハンドガードが嫌いなので付けてません。ハンドル周りに邪魔なものがあるのが大嫌いだから。あまり転ばないんで、毎週お山を走っていても、レバーを交換するのは年に1本換えるか換えないかだし。でも、レバーを曲げたりするよりも頻度が高いのは小指の怪我かな。狭い木の間を抜けるときに木に当てたり、倒したときに地面の石とか根っことかで皮がむけたりすることはあります。なので、レバーの保護というより手の保護という考えの方が適当かと思います。逆に、捲れたり前転したりした際に、ハンドガードがあったがゆえに手を怪我するってことも極々まれにあります。レバーのことだけなら、「スペアレバー数本買って持ってた方が安いじゃん」て思いますしね。レバーなんて、折れたり曲がったりしたらスペアレバーに交換するだけですからね。ハンドガードのおかげで怪我をしない確率の方が、ハンドガードで怪我をする確立よりはずいぶん高いと思うので、怪我のことを考えたらあっても良いと思います。実際、トレックに参加するお客様は付けてる方の方が多いです。それでも、私は、そういうリスクは承知の上でも、嫌いだから付けないけどね。当てないように気を付けて走るのも大切なことです。これは、あまりスピードを出して走らないトレックとか、普通の林道ツーリング程度での話ね。
エンデューロレースなどでは、ハンドガードはあった方が良いと思います。スピードが出ているときに転倒したり木に激突したりすることを前提とすると、怪我のリスクや転倒時の損傷やリカバリー(レース復帰までの時間)を考えればあった方が良いでしょうね。付けてないと出場できないレースもあるみたいだし。

じゃぁ付けるとして何を付けるかですが、うちで取り付けることが多いのはZETAのプロアーマーガードです。サイクラとかも付けることがあります。ものによってはショートレバーにしないと付かないものもありますんで、そういうものは通常うちでは使いません。取り付けは、トップブリッジに付けるものの方がどちらかというとお勧めです。でも、アドベンチャースクリーンが付いてたりすると使えませんね。ハンドルにクランプする際は、しっかり付くUクランプを使いますね。ハンドガードを取り付ける際は、ハンドルをノーマルよりもレンサルなどの社外品のアルミハンドルにしたほうが良いです。セローのノーマルハンドルだと、ハンドル幅とかの関係で上手に付かないこともありますからね。丈夫さとか、形状の乗りやすさなどの理由でもありますが。グリップのエンドをカットしてつけるようなダサくて格好悪い最低な取り付けならノーマルハンドルでも簡単に付くんですが、エンドをちゃんと残すようにきれいにおしゃれに格好良く取り付けるには工夫が必要です。

ハンドガードも、派手に転倒すれば曲がりますから、曲がったらちゃんと直して付け直しましょうね。

で、可倒式のレバーですが、それなりに有効ですね。でも、転び方によっては曲がったり折れたりしますけどね。あと、お値段もお高い。で、また私個人の好みの問題ですが、可倒式レバーで指のかかる部分の形状が嫌いなものがほとんどなので使ってません。折れないことより操作しやすいことの方が重要なので。あくまで私個人の好みの問題ね。形状を気にしない方のほうが多いと思うし、使ってればそれで慣れるってこともありますしね。ただ、これも、「曲がったら換えりゃぁ良いじゃん」って思うし。。

さぁ、答えになってるか??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード