いまさらなんだけど・・・あえて書いてみた

新車の納車整備時にいつも「なんだかなぁ・・」って思いながらやるんだけどねぇ。まぁいまさら書くまでもないかと思いつつも、あえて書いてみた。。

セロー250新車の標準ポジション、ヤマハから届いたときにセットされている位置。
DSCN7139_RS.jpg  DSCN7141_RS.jpg  DSCN7142_RS.jpg
DSCN7143_RS.jpg  DSCN7144_RS.jpg  レバーの取り付け角度
DSCN7147_RS.jpg  DSCN7148_RS.jpg  グリップゴムの位置
これねぇ・・・私からすると、めっちゃ乗りにくいですよね。というか、乗れないでしょ、これじゃぁ。
ハンドルが手前に倒れすぎていて、レバーは上を向きすぎで、指が自然な角度でレバーにかからない。しかも、角度が左右ちぐはぐ。ハンドルは座った状態でも手前すぎるんで、スタンディング姿勢なんてとれたもんじゃないですね。立ったら、手首が変に曲がってしまって、よけいにレバー操作がしにくい。ハーフワッフルのグリップゴムは手のひらにワッフルの無い部分かきて、指が自然にワッフルにかかるように位置表示がしてあるけれど、ぜんぜん頓珍漢な位置になってるし。まぁ、セローに限らず、他の車種でもこういうことはあるんですけどね。
タンデムでこのセット位置でお客様にお渡しすることは絶対にないんですが、おそらく他店だとセット位置を調整したりはせずにそのままだと思います。うちに来店される他店で買われたお客様方のセロ―は、ほとんどがそのままですからね。で、説明しつつ調整したりすると、びっくりするくらい操作しやすくなりますね。「なんだか乗りにくいなぁ?」と思って乗っている方も居れば、新車で乗り始めた時からずっとそのままなのでそれで慣れちゃっている方もいらっしゃいます。それはそれで問題なんだけどね。


タンデムでは、納車整備時に良い位置に調整してお渡しています。ベテランライダーや上手な方などはそれぞれ好みのセット位置があるかと思いますが、初心者さんや初めてオフ車に乗るような方々にはいい状態で慣れてもらわないといけないので、「これが標準位置でしょう」って思われるセット位置にしています。
タンデムでの標準位セット位置はこれくらい。
DSCN7156_RS.jpg  DSCN7154_RS.jpg  DSCN7155_RS.jpg
DSCN7149_RS.jpg  DSCN7150_RS.jpg
より自然にグリップが握れて、レバーに指画がかかるような位置にします。

DSCN7151_RS.jpg  DSCN7152_RS.jpg  スロットルもスムーズに操作できるようにね。

一番最初に乗るときからいい状態で・・・すごく大切です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード