考察

もう2週間も前になりますね、イーハトーブの壁が上がれなかったのは。正直、ずいぶん以前から写真ではそんな壁があるのは知っていて、今回のエンジョイダートスペシャルでイーハトーブの森に行く際の楽しみの一つではあったんです。写真見てた限りでは、上がれるつもりでした、実はね。でも、実際に現場に行って目の前にした時には、正直「こりゃぁ行けんかな?」って感じましたね。トライアルIASの野崎選手は、自分の(ヤマハの?)セロ-250でもちろん軽く上ってました。軽くといってもレブリミッターにあたるくらいの全開でトライしていましたけどねぇ。
でまぁ、イベントの最中は自分のことは二の次ですからできません。終わってから、野崎選手の見本を何度か見た後にトライしたんですが、悲しいかな上れる気配すらなかったですねぇ。「絶対行けるんだって思ってほんとに開けて行かないと上がれないよ。」って言われたんですが、正真正銘の全開にはできませんでしたねぇ。普段やってないことは、簡単にできるわけありませんね。地元の魔王ステアの時だって、上がれたけれど野崎選手の上がり方はできませんでしたからねぇ。まぁ、実力が足りませんね。でもねえ、今思い返すと「もっとああすれば・・」とかで「上がるんじゃないか」って思っている自分が居るんですよねぇ・・身の程知らずですか(笑)。さて、いつリベンジに行きましょうか?(笑)。。
ゲストで来ていただいていたトライアルIAの選手がYZでトライしたけど上がれませんでしたから、私が上がれなくても・・・とは思いたくないんですが。。そのYZで野崎選手がトライすると上がれるんですよねぇ。さすがというか当然というか・・・。
で、私のSplトリッカーで野崎選手にトライしてもらうと・・・まぁそれはそれはいとも簡単に上がります、当たり前ですが。野崎選手のセローとか、前述のYZだと、「ガッ!!」って音がしてコンクリが少し削れたりするんですが、私のトリッカーだと「シュコンッ!」って軽く上がります。その映像は、エンジョイダートの様子を映したこの動画の1分30秒くらいに映ってます。乗り手が良いのはもちろんですが、マシンも凄く良いんですよ。野崎選手からのマシンの評価も良かったですし。ということで、マシンづくりはタンデムにご相談くださいね(笑)。ん・・・それにしてもMyトリッカーが軽く上がってるのを見ると、「やっぱリ行けそうだよなぁ・・次回こそ。。」って思ってしまう自分が居る(笑)。また目の前にすると気おくれするんだろうなぁ。。虎車で何度か上がってからの方がイメージができやすいかなぁ。


地元のお山にも、いくつか難所があるんですね。虎車でも失敗することがあるようなところとか、トライするのに決断が要る大岩とかね。そんな難所をスーパーな方と巡るイベントをやりたいんだけどなぁ。自分達が行けるようになるためにね。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

難所をスーパーな方と巡るイベント・・・
自分たちが逝けるようになるために・・・・
見てみたいなぁ。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード