FC2ブログ

油圧クラッチでお散歩

去年のSOP後にセロー250からトリッカーに乗り換えて以来、ずっとワイヤー式クラッチでした。セローの時はエクセル製の油圧クラッチを付けていて、めっちゃお気に入りでした。スレーブシリンダーがエンジン側のレバーを押すタイプで、タッチも良くて操作もしやすく軽くて、すごく良かったんです。でも、トリッカーに乗り換えた時点ではすでに無くなっていて、今後販売されるかどうか不明な状態。お客様が選択できないようなものを私が付けていてもしょうがないので、とりあえすワイヤー式のまま乗ってました。
レバーホルダーをYZ125のものに替えたりして、操作性は良くなるようにはしていましたけどね。YZのレバーのレバー比や、まめな注油で、レバー操作は十分軽かったんです。さわったお客様のほぼ全員が「軽っ!」っていうくらいにね。もちろんそれでとくに困ることもなく普通に乗れてたわけです、ワイヤー式としては気に入っていました。
しかし、ワイヤー式なので当然のこと、エンジンがヒートしてくればレバーの遊びは増えます。上りでひっかかたり、ガレ場やステアでクラッチを多用すれば、もちろんレバーの遊びは増えるわけです。で、しばらくおとなしく走ると、すこし減る。その対策として、ワンタッチで遊び調整出来るYZのレバーホルダーを使ってたんですねぇ。ハンドルを右に切った時と左に切った時とで、ワイヤーの曲がり方がかわるので、遊びも切れる位置もつながる位置も変わってきます。これも、それが当然で慣れてしまえば、我慢できないこともないんですけどね。
でもしかし、油圧式クラッチが当たり前のトライアル車に乗っていて、前に乗ってたセロー250も油圧式。油圧式の良さをよく知ってる身としては、「やっぱり、あるんなら欲しいよねぇ、油圧クラッチ」というわけです。となると、「どこの何をつける?」ってなるわけですが、残念ながら選択肢が無い。性能も大切なんだけど、常にあるものでないといけない。付けたいお客様が、買えるものでないといけないわけです。私だけ付けれてお客様が買えないんでは、付ける意味がありません。となると、マグラしか無いわけですね、現状。
しかしまたそこで問題が。マグラの油圧クラッチキットは、セロー250用の設定もあって、何人かのお客さまのセロー250にも取り付けたことがありましたから、使えることはわかっていました。しかし、今年になって、それまでの163型のマスターシリンダーが167型へ変更になるとのこと。発売元に問い合わせたところ「163型セロー250用のマスターは、ハンドルバーとシリンダーのクリアランスが大きいモデルを採用しており、167型には同様のモデルが無いことから、適合しない可能性が高くなっております。スイッチボックスと干渉する可能性が高いです。スイッチボックスを使用せずレーサーとして使用される場合は問題ないと思われます。」とのこと。
で、そこであきらめてしまうことの無い私は、「じゃぁ、167型のマスターでキットつくってください。使えなくても返品なんてしませんから。」とリスクを承知で注文。で、届いたのが4月だったかな。早速取り付けたところ、うまいことSWを避けてくれて、取り付けに関してはぜんぜん問題無いことを確認。これは、昨日の写真でもわかりますね。が、走ってみると、マスターシリンダーの口径があわず、使い物にならないことが判明。で、口径の違う167マスターを頼んだんだけど、「入荷はまだ先」とのこと。そして、昨日やっとマスターシリンダーが届いたので、組みかえて取りつけたのでした。
というのが、いきさつ。

今朝、いつもの散歩コースで試走してきました。
正直、「エクセルのとマグラ、どっちが良いの?」って聞かれると、はっきり「エクセル製ですね」と答えます。それくらい、エクセル製は良かった。
で、今回付けたマグラはというと、ぜんぜん悪くありません、良いです、普通に使えます。これまでの「メンテの行き届いたワイヤー式」と比べて、とくにレバー操作が軽くはありません。同じか、少し軽いかなってくらい。操作感は、ワイヤーとは少し違うね、すぐ慣れるけど。もちろん、乗っているうちに遊びが変わってしまうこともありませんし、同じところで切れて同じところでつながるって良いところはそのまま。あたりまえですね。
今朝の散歩コースで、堤防でターンしたり上り下りしたり、フロントアップやちょっとしたステア超えてみたり、ウイリー(っぽいこと)をしてみたりする分には、何も問題無く良かったですね。
あとは、お山で試してみないといけません。何時間も乗って、難所で引っ掛かったりもして、エンジンがすごく熱を持ったりしても問題が出ないかとか、操作感が変わらないかとかをチェックしてみないといけませんね。これには、週末が2・3回要るでしょう。気付いたことがあれば少しづつ書いていくつもりです。
さて、最終的に「販売できる」となるでしょうか?結果は、しばらくの間楽しみにしてお待ちくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お値段

すでにラインナップにあるものと、同じ値段でしょう。おそらく。。
DFのサイトにライナップがあります。

No title

まあ、たまたま家にある2台ではそう。 っていうだけです。
 幾らぐらいになるんでしょうね?クラッチキット。

???

あれまぁ、不思議なことを・・・。
225の方が遊びの変化ははるかに大きいと思うけどねぇ。

>構造に問題

なんのことかわからん

No title

225セローの時は、ワイヤー遊び変化って全然気にならなかったんだけど、トリッカーは気になる。 で、同様にワンタッチのダイヤル式グルグル回しながら乗ってるけど、
油圧にしたいですねぇ。 そもそもはエンジンの構造に問題があるとは思うけど。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード