FC2ブログ

とあるお客様より指摘がありましたので

とあるお客様より指摘がありましたので

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問

ブログのスペシャル整備の記事ですが
1・あのリンクは何キロ走ったものですか?
2・セロー以外でもできますか?
3・最後にスペシャル整備をしないと何が困るんですか?

以上3点がたぶん自分を含めて『当たり前』過ぎて表現に抜けがあるように思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1、 あの車両は28000km走っていました。でもまぁ、距離より使い方でしょうねぇ。新車時から、メーカー出荷のままで一度もグリスアップしてなければ、カラーが熱で変色してたりかじってたりする車両は多いです。磨いてグリスアップするだけで良いものもあれば、部品交換が必要なものもあります。オフロードで遊ぶのならば、絶対にやっておいたほうがいいですね、グリスアップ。

2、 当然です、出来ます。実際、いろんな車種のご依頼が、これまでにありました。もちろんオフ車が多いのは、言うまでもありませんが。。

3、 何にも困りませんね、当面。乗れますしね、やらなくたって。
写真の状態のようになっていても、異音がするとか、動きが渋いとか、ガタが多いとか、乗りにくいとかはあるかもしれませんが、急になるわけではなくて徐々になりますから、慣れてしまってそのまま乗っているって方がいらっしゃるってこともあるでしょうねぇ。異音がでてくれば気にするんでしょうが。ただ、じゃぁそこだけ直せば良いのか?ってことですが、ふつうに考えて、リヤのリンク以外はバッチリで全然問題ないってことはあり得なくて、いろんな部分の不具合とは言いきれない状態もふくめて乗りやすさ乗りにくさにつながっているんです。
リンクやステアリングなどは、不具合が出た時の修理は高額になってしまいますね。

整備には、事前にできるだけトラブルが出ないようにしておくこと、良い状態を長続きさせるためにしておくこと、より操作しやすく乗りやすいようにしておくことがあります。
バッチリ整備されたオートバイってのは、めっちゃ乗りやすいものなんですねぇ。いろんな操作が軽くてしやすいんですね。
乗りやすく、安全で、長い目でみれば結局お値打ちなんです。

新車は、乗りやすいか?

新車に不具合なんてあるはずもなく、普通に乗りやすいはずですね。
新車なんだから、当然新品部品で組み上げてあります。でも、ワイヤーなどは注油したほうが、しないよりスムーズで軽くなります。クラッチやスロットルの操作感は、やるとやらないでは違いますね。
レバーやペダルを乗り手に、乗り方に合わせるだけでも、ずいぶん違います。
私がこの業界に入った頃、メーカーから届く新車は、配送のトラックに詰めて積むために、ハンドルは正しい位置になっていませんでした。すごく起こしてあったり寝かしてあったりしてね。ハンドルクランプボルトのキャップは、当然つけてなくて、付属品の中に入ってきていました。なので、新車組みつけ時に、位置をしっかり合わせて締めるのは当たり前にお作業でした。
でも、今は、メーカー標準の位置にあわせて組んでありますね。クランプボルトのキャップも付けてあります。じゃぁ、メーカーから届く時の位置が良い位置かっていうと、セローなんかは、決して良い位置とは言えません。まぁ、座ってオンロードを走るだけなら乗れないこともありませんが、スタンディング姿勢でオフロードを走るのには手前に寝すぎていて乗りにくいったらありませんね。
レバーの取り付け角度だってそうだし、ハーフワッフルで取り付け位置が決まっているグリップゴムだってかなりいい加減な位置に組まれてます。
シフトペダルやブレーキペダルの位置もめっちゃ低くなっていて、オンロードで座って乗るならまぁ良い位置なんですが、オフロードブーツを履いてオフロードをスタンディングで乗ることは不可能と言っても良いくらい下すぎます。立ってシフトアップなんて出来ないし、ブレーキなんて踏めないくらいだ。
そういうところをちゃんと合わせるだけで、めっちゃ操作しやすくなるんですねぇ。そういったことも、納車整備の大切な部分ですね。もちろん、位置などは、お客様によって、お客様の使い方によって変わってくることですがね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード