FC2ブログ

「野崎選手に教わって・・・」参加申込受付初めました

先日のエンジョイダートinイー森に、野崎選手が持ってきてたセローがこれ。タイヤとハンドル以外ノーマルです。普段乗ってるのをイーハトーブトライアルに送ってしまったそうで、私のところに「タンデムセロー貸してくれない?」って電話あったんですが、新型セロー導入に伴いすでに売約済みだったので、急遽用意してもらったものだそうです。
で、野崎選手、このスプロケ(減速比)ノーマルのセローで、バンバンすごいことやっちゃってました。ふつうにステア上がるし、壁も軽く、岩飛びも。ノーマル減速比だとフロント上げるのだって大変だし、高いステアなんかトルク負けしちゃうんじゃないの?って私のようなへたっぴは思うんですが、野崎選手レベルだと操作で対応できちゃうんだねぇ。あらためて「すげぇな!」って感心しちゃったよ。
わたしなんか、ノーマルセローじゃぁ、なぁんにもできないよ。

さて、で、そんなすっげぇ野崎選手と丸一日走りまくるイベントが10月にあります。もうずいぶん前に予定は押さえてあったんですけどね。去年のめちゃめちゃ楽しくて好評だった“難所巡り”につづく野崎選手シリーズの第2弾、“野崎史高選手に教わって上がろう、超絶?ヒルクライムスペシャル”です。セロー・トリッカー+我々の腕前では「ほぼ限界かな?」ってくらいのヒルクライムを野崎先生にかるく上ってもらって、「えぇ~・・なんでそんなに簡単に上れちゃうの?俺らでもかるく上れるように教えてください」ってイベントです。ね?めっちゃ面白そうじゃないですか?。野崎選手に当日乗ってもらうのは、タンデムの新型セローになります。


開催日は、10月8日(体育の日)です。全日本選手権トライアル中部大会の翌日です。去年は難所巡りのために余力を残して2位だったんですが、今年は遠慮なくきっと優勝すると思うので、気分良くニコニコで教えてもらえる予定です(笑)・・・よね??。
レベル的には、中級以上を想定しています。タンデム通常トレックでほとんど引っ掛からないくらいのレベルの型が対象かな。ヒルクライム間の移動もそこそこ大変ですから。見学だけは、できません。

参加費は1万円(保険代、昼飯代含む)です。
     すでにタンデムでスポーツ安全保険に加入している方は8000円です。

募集人数は、最大9名とさせていただきます。
     わたしを入れて最大10名ってことね。

参加可能車両は、国産トレール車。EDマシンは不可です。タイヤは、トライアルタイヤ限定

申し込みは、info-k@tandem-kt.com へ、「ヒルクライムエントリー」の件名で、メールでお申し込みください。

注・・・路面コンディションが悪くてヒルクライムができない場合は、難所巡りパートⅡとなります。あらかじめご承知おきください。
スポンサーサイト

クラッチ

一昨日のエンジョイダートで、野崎選手にトリッカーに乗ってもらった。私レベルでは不可能な全開使用のテストでね。「トリッカーやセローであんなに激しく繋ぐことは絶対ないよなぁ・・一般人では」って、まぁ見事に乗りますねぇ、見とれてしまう(笑)。よりオイルが回るようにしたことで熱には強くなってるのは間違いないそうです。でも、その分、少々つながりがあまくなっているようですけれど、これは野崎選手レベルでの話。われら一般人には問題ないレベルです。私が乗ってみてその甘さを感じるためには、3速でウイリーをした時のつながり方上がり方でなんとか感じるくらいかなぁ。1速で激しくつないでも、ほとんど違いはわからない。あとは、初心者が引っかかってもがくような、最も過酷な使い方なんだけど・・・これは試せないよなぁ。ワイヤー式の車両に付け替えて乗ってみたほうが、レバーの遊びの変化がはっきり出るからわかりやすいかな、たぶん。

ということで、Myトリッカーからクラッチ一式外して、この前まで使っていたノーマルに付け替えた。ついでに、クラッチを重くしてやったわ。あっ、ちょっと硬いスプリングに替えたってことね、もちろんリテーナーは使用。これでバチッっとしっかり繋がって、高いステアも楽勝のはず、やらないけど(笑)。3速ウイリーもかぁるくできる・・・できないけど(笑)。レバーの重さが苦になるかどうかは、まぁ乗ってみた都合。



あっ、そうそう、聞くところによると、今年の南牧は11月の第3週らしいですよ。タンデム組10人参加が目標だな(笑)。

中古パーツ 225用ワイドステップ

DSCN7629_RS.jpg 11880円  通販はしません。
レアルエキップのバックステップタイプのワイドステップです。大きな曲がりはありません。

昼泣む

10月に使うヒルクライムをいくつか整備するか開拓するかしないとなぁ。できれば全体が見えるヒルクライムが良いんだよねぇ。セローやトリッカーでぎりぎりなレベルのねぇ。でもまぁこれが、なかなか都合よくは見つからないんだなぁ。


ソルジャークライム  今井隧道クライム ナベ街道クライム すり鉢クライム  ぼぼぼ坂   近道クライム  鈴木バイパス トミタ尾根クライム SHINさんクライム  くりりんタンクべっこり 今あるのはこれくらいだろうか?。上がれちゃってるのもあれば、そうじゃないのも。開け開けのもあれば、テクニカルなのも。オフ車じゃ、やりたくないのも(笑)ね。カネゴン坂ってのもあるけど、ヒルクライムとは言えないからなぁ。ソルジャー岩・・も、ヒルクライムじゃないか(笑)。

ぼぼぼ沢を上り切った上に、尾根に上がるヒルクライム作れないかなぁ?って考えてるんだけどねぇ。見に行ってみないといけないな。ぼぼぼ沢を上がらなくて行ける道でね(笑)。

他に候補に心当たりがある人居るかな??

Myトリッカー

昨日、i-conが作動しないことがあるのが発覚。どうやら回転数を拾ってないもよう。まぁ、なんのことはなくてカプラの接触不良だったので、カプラ交換で解決。

クラッチも、なかなかいい感じに組めた。ここ一週間で5回くらい開けたかなぁ・・クラッチカバー。アジャストスクリューの調整(エンジン側レバーの位置調整)でもけっこう感じがかわるのね。ジャダスプリングは外しちゃった。現状、通常の使い方で切れ繋がりは良い感じ。といっても、全開でためてなんて使い方は普段やることはないんで、この辺りは日曜のイー森で試してみようかな。というより、野崎先生に試してもらう方が良いよね、当然。

Myセローは、新たなオーナーのもとへ

Myセローは、本日新たなオーナーの元へ引き取られていきました。
ありがとうございました。思いっきり楽しんでくださいね。

新しいセロー君は、あと半月くらいでやってくる予定ですね。

11日の土曜の早朝は、虎車の予定にしていましたが、トリッカーのテストをしたいこともあり、オフ車に変更しました。リフレッシュしたラガ君にもめっちゃ乗りたいんだけど、ここはお仕事優先で。。路面もよく乾いていそうなので、10月に使うヒルクライムの候補チェックに行こうかなって考えています。

いろいろお知らせ

8月12日(日)~15日(水)まで、お休みさせていただきます。

今度の日曜12日は、イーハトーブの森でエンジョイダートです。
聞くところによると、参加者が少なめだそうです。野崎スクールの午後にまだ少し空きがあるそうです。みなさん、お盆の予定変更してイー森に行きましょう。人数少なめだってのは、チャンスでしょ!思いっきりたくさん走れるってことじゃん。エンジョイダートは、ミーティングじゃなくて乗って遊ぶイベントなんで、ぜひとも我々と一緒に乗りまくって遊びましょう。うちの常連さんの上手な方もスタッフでお手伝いに行きますよ。ほらね!?行きたくなったでしょ?


赤黒フルサイズトリッカー試乗可能になりました。
昨日登録してきましたので、今ある中古車のフルサイズトリッカー2台とも試乗可能になりました。お気軽にお申し出くださいね。セローとの違いにびっくりしてください(笑)。

クラッチチューニング

とあるスペシャリストさんに、トリッカーのクラッチを加工してもらいました。平谷への道で乗らない間に、クラッチ一式を精度出しとオイルができるだけ回るように加工していただきました。

DSCN7604_RS.jpg プレッシャプレート、しっかり面出ししてます。
DSCN7605_RS.jpg ボス、オイル穴が倍に増えてます、精度出しも。
DSCN7607_RS.jpg アウター、これも穴が増えて、
DSCN7608_RS.jpg ディスクの当たり面もきれいに。
DSCN7611_RS.jpg フリクションプレートはノーマルを使用。
DSCN7612_RS.jpg クラッチプレートは、面出しとオイルの溝を。
DSCN7614_RS.jpg プッシュロッドにもオイルが通る溝を。
DSCN7615_RS.jpg スプリングのリテーナーも当然。

で、先週土曜に乗ったのと、昨日は隣町の保険屋さんまで街乗り。それほど元気に過酷に使う機会もなかったので、とくに感動するような変化を体感はしてません。あっ、もちろん、不具合も感じませんよ。もっといろいろ使いこんでみないといけません、テストですからねぇ。
で、まだ早いかと思いつつも、今日一旦開けてみました。で、明らかな違いはというと、外した時にフリクションディスクやプレートについてるオイルの湿り気がぜんぜん違いました。セロー250やトリッカーのクラッチはこれまで100台ほどかそれ以上は開けてるかと思うんですが、ディスクにオイルの湿り気が少ないことがほとんどなんですねぇ。でも、今回は、ちゃんと湿ってオイルっ気がありましたから、これまでよりもオイルが回っていることは間違いないかと思います。これは明らかな違いです。オイルが回ってれば、耐久性にずいぶん違いが出てくることが予想されるんですよねぇ。
初心者さんが引っかかって激しくもがくとすぐに熱を持ってダメになってしまうセロー250・トリッカーのクラッチ、ひどい時には炭化してはがれてしまうようなこともあります。で、その対策として有効なのではないかと考えています。セロー250・トリッカーは、クラッチが高い位置にあって、つねにオイルを掻き上げて回ってるわけではないので、いかにオイルを回してやるかってのが、有効な対策なのではないかという考えのもとに加工していただきました。
これから乗り込んでテストしていって、良い結果がえられれば、メニューの一つになるかなぁ。

出来るだけ試乗していただけるように

タンデムでは、中古車は試乗できるように、できるだけしてます。自賠責が切れていたり車検が切れていたりと、試乗できない状態のときもまれにありますが、可能な限り試乗してみて検討していただけるようにしています。
先日つくった黒赤のフルサイズトリッカーの中古車も、入荷時から登録してなかったのですが、業者さんに流した中古車の余った自賠責があったので移し替えて登録する予定としています。来週中には試乗していただける状態に出来ると思います。
中古車を購入前に試乗してみて検討できるってお店は、さほど多くは無いと思います。これは、私のこだわり。でもまぁ、在庫が少ないからできることでもあるんで、あまり自慢にはならない部分もありますけどね(笑)。オフ車に乗ったことがない方とか、トレック仕様ってどうなの?って方などには、まぁ大切なことなんじゃないかなと思っています。

今日現在、セロー250の中古車(私のSpl車含め)は売れてしまって、フルサイズトリッカーの中古車が2台あるだけとなっています。でもねぇ、フルサイズトリッカーってのが、かなり楽しいマシンなんですよねぇ。「セロー250で良いじゃん」って思われる方も居るかとは思いますが、セロー250とフルサイズトリッカーではまったく乗り味が違う別のマシンなんですよねぇ。同じエンジンで同じようなフレームで同じホイールなんだから同じようなン乗り味のマシンじゃないの?って勘違いしがちですが、ぜんぜんまったく違う乗り味なんですねぇ。どっちが良い?ってことではなくて違うってことです。良い悪いは使い道や好みによって変わってくるからね。トリッカーの虎車っぽい軽快なハンドリングは、お山遊びや街乗りではかなりの武器になりますね。でも、残念なのがノーマルのサスペンションで、あまりにも悲しい。街乗りならばまぁ我慢もできますが、お山ではありえない。まぁ、もともとのノーマルががそういうマシンじゃないですからねぇ、しょうがないんですけどね。セロー250のノーマルサスもたいしたサスじゃぁないけれど、トリッカーのはあまりにも。。逆にいえば、サスがなんとかなってる車両なら、よりめっちゃ楽しいってことですね。
ほらね、中古車のフルサイズトリッカーの宣伝となりました。(笑)。。

中古車情報 セロー250 20TH 委託車

2005年 セロー250 20TH 委託車 走行32500km

DSCN7627_RS.jpg  DSCN7626_RS.jpg  DSCN7625_RS.jpg

Y30Pキャブ付き 力強く走ります。
ツーリスト中古前後 新品EKシールチェーン チューニング済みリヤサス 付属します。
車両は現状でのお渡しとなります。整備はしません。
試乗していただけますので、乗って確認してお買い上げください。
自賠責は、なんと5年付いています(35年7月末まで)。これだけで2万円分ですね。
登録手数料込みで、16万円。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード