2月だ

もう一月が終わってしまった。今年も残すところ11か月しかないぞ(笑)。。

さて、2月は、毎年恒例のナイトトレックがあります。24日(土)の22時から翌日曜朝の6時ごろまでの8時間耐久ナイトトレックです。まぁ楽しすぎて、8時間なんて、あっという間に終わっちゃうけどね(笑)。

なにもこの寒い中、夜走らなくても・・・  いやいや、だってめっちゃ楽しいし!!
何が楽しいの??・・・  そりゃぁ、参加してみにゃぁわからんわな。。
暗くて見えないでしょ?・・・  いやいや、ヘッドライトあるし。スピード出さないからノーマルライトで十分だし。

例年、おおよそ10名くらいでしょうかねぇ、参加者は。あまり多くても困るしね、10台くらいがちょうどいいかな。15台以上は無いな。



3月25日の【野崎史高選手に教わって、イーハトーブの壁を上ろうスクール】は、あと3名で〆切です。お申し込みはお早めに。
その日終わりにはあの壁を上り切るのが目標のスクールですから、 現時点ですでにフロントアップはできて当たり前で、ある程度のステアは軽く超えれるって方が対象です。ある程度って??・・まぁそれは考えてください自分で。
一日いろんなステア練習して、最終的にあの壁を上れるかどうかはともかく、トライする気のない方は最初からお断りです。野崎先生から「やめておいたほが良いよ」とダメだしされた方はトライさせないですけど、もちろん。会場にあるいろんなステアの練習時も含めて絶対にお助けなしでのトライはさせません。常に参加者同士交代で必ず誰かがお助けに立ちます。まぁ、5名づつ2班に分けることになると思います。


去年末にできなかった“ガンガントレック”もやりたいけど・・・4月上旬だな。。
スポンサーサイト

野崎選手のSplオフ車スクールのお知らせ

トライアル国際A級スーパークラス・ゼッケン3番の野崎史高選手を講師に迎え、オフ車のスクールを開催します。

3月25日(日) 朝霧高原イーハトーブの森にて

タイトル  野崎選手に教わって“みんなでイーハトーブの壁を上ろう”

内容・・・ 
 段差越えのみに絞ったスクールとなります。会場内にたくさんある岩や丸太やタイヤなどを、やさしいものから順に難しいものへと練習を積んでいきます。で、最終的には、かなりの難関である“イーハトーブの壁”を、参加者全員で上り切って笑顔で解散!といった内容を予定しています。

私の本音・・・
 去年の9月のエンジョイダートで行ったときに、野崎選手が上がるのを見て私もトライしてみたんですが、残念ながらぜんぜん歯が立ちませんでした。で、そのままにしておくのは自分の中で許せないので、きっと私以外にも「あれを、上がりたい」って方が居る(かな?)であろうことを期待してそんな方たちを巻き込んで、野崎選手にきちんと指導してもらいながら上がれるようになってしまいたいってのが、私の正直な本音です。その過程で、きちんとしたフロントアップからいろんなパターンのステアケースの上がり方まで指導してもらい、これからのオフ車遊びに大いに役立てましょう。どうか皆さん、私の趣味の世界にお付き合いください(笑)。きっと、皆さんの為にもなるはず!(だと思う)。。

あっ、そうそう、イーハトーブの壁ってのはこれね。

参加資格  段差越えが上手になりたい方  「よし!上がってやるぜ」ってトライする方

募集人数  最大9名 (私を含めて10名ってことね)

対象車両  オフロード車 練習過程でトライアル車で試してみることはOK トライアル車のみでの参加は不可  

開始時間  朝9時集合  終了時間 上れるまで(笑) じゃなくて16時くらいかな

参加費用  1万円 (走行料、昼食代含む)

参加申し込みは、メール(info-k@tandem-kt.com)にて、件名を「野崎スクール申し込み」としてお願いします。
当日は、会場は貸し切りではありません。なので、見学も可かな。

結局フロントアップか?

12月3日(日)は、私用のため17時にて閉店させていただきます。

もう11月も終わりだねぇ。今年も残すところあと1か月。

つなんないかもしれないけど、また難所巡りネタ。。
難所巡りからもう一か月半以上が過ぎたのに、まだ「よしこれでOK」ってところがない。毎週末そこばかりってわけにはいかないのもあるんだがねぇ。でも、せっかく教えて貰ったことは身につけたいんで、真面目にこの冬の間に全ヶ所「よしOK!」とすると心に決めています。お助けが居なくても一人で行けるところまあるけれど、まずはお助けがないとトライしにくいステアからやってますが。
難所巡りDVDで、うんこ沢の二段ステアでの我々の失敗シーンを見ていると共通点があります。
1段めを後輪が上がり切った時点には、フロントタイヤはまだ浮いていて、なおかつ体がマシンの中心よりかなり後方に残っているという点。要は、2段めのために加速できる態勢に全然なってないんですね。まぁあとは、ちゃんと良いラインに狙って行けないとかもあるんですが、2段めを上がれるように1段めを上がれないってことですね。
正直、上手い下手はともかく、1段目をただ上がることだけならたいして難しくはないと思うんです。でも、2段めもきれいに上がれるいうに1段めを上がるってなると、これがなかなか難しい。昼飯前に練習のためにやったSHINさんステアの映像を見ても、みんなそうなんですね。上がった瞬間には前輪が浮いていて体が遅れている。

で、野崎先生はどうかというと
・1段めのフロントアップ時に、ハンドルをぜんぜん後ろにひっぱってない
・しっかりアクセルが先に開いていてクラッチでフロントを上げている
・後輪が強くステアに当たっている
・後輪が一段めの上に上がりきった時には、前輪は下りていて、なおかつライダーはマシンの中心の良い位置に自然に立っているので、二段めへ加速できる。
なんですねぇ。

まぁ結局、我々はフロントアップができないってことなんですね。フロントを上げれないってことではないよ。この二段ステアを上手く上がるために適したフロントアップができないってことね。
このステアに限らず、われわれレベルの場合が「うまくステアに上がれない」とか、「二度吹かしができない」とか「後輪を強くステアに当てれない」とか、「抜重のタイミングが・・・」とか、「アンダーガードが当たる」とかって、たいがいはそのステアにあったフロントアップが出来ないってことが原因な場合がほとんどかな。先週末、リヤフェンダーを割った人も、マシンを投げた人も、ぜんぜん上がれる気配がなかった人も、結局のところフロントアップが出来ないんだよねぇ。ということで、練習しましょ。お付き合いしますからね。みぃんな上がれた方が楽しい。上がれる上がれないで盛り上がるより、いかにうまく上がるかで盛り上がった方が楽しいわね。

とっととクリヤしちゃいてぇ

難所巡りDVDを何度も見ています。私たちの失敗部分はあまりイメージによくないので見たくはないんですが(笑)、先生の場面場面での一言二言がかなりいいアドバイスでためになるんで見ないわけにもいきません。でも、たくさん見たいのは、先生の見本部分ですね。音とかスピード感とかのイメージが重要かなぁ。ステアでのフロントアップのしかたとかねぇ・・アクセルの開け方クラッチの当て方とかねぇ。見てると「次行ったら、クリヤできるんじゃね?」って思えてきたりしますが、いざ行くと現実に引き戻されるんですがね(笑)。
でもねぇ・・見てるとうずうずしてきて今すぐ行きたくなりますね。早くクリヤしちゃいてぇ。。数回のぼれたらOKってんならさほど遠くないと思うんだが、きちんとかなりの確率で行けるようにならないといけないんで、それはなかなか遠い道のりかもしれないがね。

すごいDVDが届きましたよ

DSCN7169_RS.jpg 野崎選手と行く・タンデムルート難所巡りのDVDができてきました。

当日同行してくださった生野さんが、すばらしい内容のDVDにしてくれました。めっちゃ良いですよ!!
野崎選手のすばらしい見本はもちろん、マイクを付けてた野崎選手のそれぞれの場面での的確なアドバイスがしっかり入っていますので、かなりすごい内容になていますよ。
参加者された方には差し上げますので取りに来てくださいね。出来るだけ早めにね。
参加されなかった方にはお譲りできませんが、店のPCでご覧いただくことは可能です。

さぁ、擦り切れるほど(DVDは擦り切れないけど)観て復習して、予習して、トライしに行くよ。この冬のうちにクリヤできるようになってしまわないとね。クリヤできるようになるかならないかは練習してみないとわからないし、いつできるようになるかも練習次第。こればっかりはできると信じて練習しないとどうにもならないね。練習しに来ないと、来年参加させてあげないよ(笑)。。

タンデムでは、生野さんが製作販売されているDVDも店頭にいくつか在庫しています。スーパートライアル全日本は在庫あります。ぜひとも買ってね(笑)。。店頭にないものは、お取り寄せできますんで。

あっそうそう、仙台(じゃなくて名取市だったね)のトレックフィールドさんでも【難所巡りDVD】はご覧いただけますよ。たぶん、19日の日曜には届いているはず。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード