FC2ブログ

土曜の夜

来週の月曜火曜(25・26)は連休となります。

さてさて、いよいよナイトトレックです、今週末。
少々天気が心配ですが、土曜の夕方には雨はあがって良くなってくるような予報が多いような気がしますんで、たぶん大丈夫でしょう(笑)。めちゃめちゃ久々に湿った路面でのトレックとなりそうですね。でもまぁ、これまでしっかり乾いているんで、少々の雨なら程よく路面が締まって良い感じになるんじゃないかと、勝手な予想をしています、大丈夫かな?(笑)。
今年は、関東方面からお二人お初の方が参加予定との連絡をいただいています。今現在でもう9名の参加表明が掲示板にありますから、私含めて12名以上はほぼ確定ということになりますか。まぁ、夜はあまり多すぎても困りますから、これから増えなくても別にいいです(笑)。
スポンサーサイト

今朝の1枚

P2171686_RS.jpg リヤキャリヤ、役に立つじゃん(笑)。。
ただ一人、汗だくでヘロヘロになってましたね。たくさん乗って、自主練もして、これからも頑張りましょう!!!

今朝は

今朝は、虎車デビューのマセ君を少しだけ虐めながら。。
P2161674_RS.jpg  P2161675_RS.jpg
いっぱい乗って慣れましょう。平谷はすぐきちゃうぞ(笑)。

その後、SHINさんガレガレのすげぇ倒木の撤去に。いやぁ・・人数とビッグボーイの威力はすばらしい。通れるようになりました。皆さん、ありがとうございました。

ちょっと、イメチェン
P2161685_RS.jpg ヘルメットに合わせて、ヒデちゃんがつくってくれた。
シートは、なんとかしたほうがいいかな(笑)。

リュックの中身をお見せしましょうか。

Q&A掲示板に
「タンデム的なトレッキングをするのに必要な車載工具やツールは何がございますか?
出来れば、店長のリュックの中身を参考にさせて頂きたく。」
なんて質問があったんで、私のリュックの中身をお見せしましょう。

基本的には、車載工具の内容を、それなりに良いものでそろえればいいと思います。車載工具で使えるのはプラグレンチだけかな(笑)。
でも私の場合は皆さんとは違ってお仕事も含んでいるので、かなり大荷物ですよ。オフ車トレックの時も虎車のときも、中身を入れ替えたりしないんで、両方に使う工具やスペアパーツが入ってますから、より一層多くなりますね。お山で自分のために使うことってほとんどなくて、お客様のトラブルで使うことがほとんどなんで、使いやすく作業時間がかからないようにってことを優先しています。なので、スパナやドライバーなどが一体になったような工具はもちません。
全部が必要なわけではありませんから、考えて選んで持ってくださいね。
私自身、平谷とか南牧を走る時は、最低限の必要なものだけを持って走ります。

DSCN8153_RS.jpg これが、中身全部です。いっぱいでしょ!?

DSCN8157_RS.jpg 基本工具一式。
レバー交換や、ペダルの修正で使う工具がメインです。12のヘックスは、ガスガスのFホイール用。緑のトルクスは、マグラのレバー交換用。

DSCN8154_RS.jpg パンク修理関係。
アクスル用のメガネは、セロー・トリッカーの19と、ガスガス以外の虎車のリヤの24。チューブレスとチューブ用のパッチも。
右下のアルミ板にペーパーが張り付けてあるものは、フォークのーインナーチューブを傷つけたときの修正用。

DSCN8155_RS.jpg フロントチューブは持ってます。
パッチなんて貼ってるより、交換したほうが時間短縮だからね。リヤのビードが落ちてしまって空気入れれないときには、フロントチューブを入れて対処することもあります。
ビッグボーイは、必需品です。タンデムでは、ゴムボーイよりビッグボーイの方が今はブーム(笑)。

DSCN8158_RS.jpg スペアレバー。
自分では使わない、セロー・トリッカーのノーマルレバーとかレバーホルダーも持ってます。お仕事ですから(笑)。

DSCN8159_RS.jpg セロー250・トリッカーのシフトペダルとブレーキペダルの取付ボルト。

DSCN8160_RS.jpg 虎車のスロットルとシフトペダルとプラグ。

DSCN8161_RS.jpg タイラップは多めに。

DSCN8162_RS.jpg 基本工具は、トレックフィールドさんちの"薄いツール巻き"に入れて。

DSCN8163_RS.jpg チューブや空気入れなどの大きなもの以外は、トレックフィールドさんちのトレックマウントバッグに入れてリュックに。
トレックマウントバッグなので、タンクやキャリヤに縛り付けることもできますが、ライディングの妨げになるのでリュックに入れてます。前に付ければ、ヒルクライムなどで邪魔だし、後ろに縛れば急な下りで腰を引いたときに邪魔だからね。

DSCN8156_RS.jpg ティッシュと、傷バンもね。

まぁ、実際遊んでいくうちに、必要なものはわかってくると思います。
仲間と大勢で行く時などは、工具やパーツを分担して持っていくってことのありかな。

今朝のサイダー道クライム

「よくもまぁ懲りずに行くねぇ!?」って言われつつも(言われてないか)、今朝も"サイダー道クライム"へ。面子は、ソルジャーさんとなかじまさんとの3人。
昨日、いっぱい野崎君の動画を見てイメトレしたので、もうねぇ上がれる気満々です・・・やる前までね(笑)。いざトライし始めると、もう散々です。一筋の光も見えない(涙)。サイダーの炭酸を抜くどころか、ペットボトルの蓋も開けれないわ(涙)。
難しくなり始める所にけっこうな根っこの段差があって、上手に超えないとその先が行けない。野崎君は、まるで根っこなんて無いようにふわっと浮いて通過してすぐ加速していくんだけど、私は根っこで跳ねちゃったりジャンプになっちゃったりで、バランス崩すわライン外すわで、もう散々。先週同様、ぜんぜん上がれる気配すらない状態が続く。
そうこうしているうちに、ソルジャーさんが根っこを越える違うラインでトライし始めた。飛ばなくて行くラインをね。私は、馬鹿の一つ覚えのように、同じトライを繰り返していく。そんな中、ソルジャーさんは、頂上2m手前の石まで上がった。私は「マジかぁ・・このままじゃ帰れんがや、俺」と思い、そこでやっとソルジャーさんのように根っこの端を抜けるラインに変更を決意。
すると・・・数回のトライの後に「おっ、行けそう」って感じになってきた。で、とりあえず、バランスをおもいっきり崩してマシンを投げそうになりながらも前輪だけ上がった。可能性が少し見えてきたぞ。数回の後、足つきはあったものの、結構な勢いで登頂できたもんね!。「おっしゃぁ!行ける行ける」ってなったけど、残り時間が・・・。結局、1回上がって蓋を開けれたところで終了。炭酸抜くまでには至らなかった、残念。

ソルジャーさん曰く、「野崎君は飛んで行けても、同じことは俺らには出来んのだって。まずは持ってるテクで上がれるように、身の丈に合った行き方を考えないとね。」だそう。
おっしゃる通りでございます。さすがNA。あなたのおかげで蓋開けれましたわ。ソルジャーさんが居なかったら、光のかけらも見えずに終わってたかも。
結局今朝は、私が一回あがっただけで、ソルジャーさんは可能性が見えただけ、なかじまさんは光が見えずに終了。また行きましょう
、リベンジ。

でも、これで蓋は開けれたんで、もう一回行けば炭酸抜ける目途がたったかな。でも、砂糖水にするにはまだまだぜんぜん足りないな。トリッカーで上れるようになったら、砂糖水と言わせてもうことにしよう(笑)。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード