FC2ブログ

なんもくれぽぉと

野崎選手のブログに、南牧耐久レポートアップされましたね
いやぁ・・・楽しんで走って頂けたようでなによりですね。

えっ?自分で作ったマシンにぶち抜かれる時の気持ちですか?
そうりゃぁもうねぇ・・悔し・・くはないですよ。だって乗ってるのが野崎選手ですからねぇ・・抜かれるのはわかっていたことですからね(笑)。でも・・ぶち抜いて行く時に、ニヤつきながら“バババッバッバァン”って無駄に空ぶかししていかれたのはねぇ・・(笑)。「こらぁ~・・・のざきぃ・・・なんか嬉しそうに抜いて行きやがったなぁ」って思ってました。。

>勝てなかったのも悔し…(×_×)
>今年の南牧耐久は、新たな挑戦に、タイム満足感、減点、大変不満足

って、勝つつもりだったのね。
ということは、勝つつもりにさせるマシンだったわけだ、タンデムトリッカー。
すげぇな・・俺      ってことにしておいてください。。(笑)

>あのマシンにて、またリベンジさせてください(>_<)(^_^)v

もちろんOK。 ちゃんと、シフトペダルの取り付けは、対策施しておきますぜ。。
うちのお客様もリベンジしなきゃいけない方もいるし、新たにチャレンジするであろう方もきっといるでしょうから、来年もきっと行きますしね。。だけど、次回は、抜かれるのは1回におさえたい、まじめに。。
あっ、そうそう、ヒデちゃんにトリッカーに貼る1番のゼッケン作るのを頼めるようにしておいてね(笑)。



でもねぇ・・真面目な話、ドローンかなにかで野崎選手が走ってるところをずっと映してるような動画が欲しいって思ったね。抜かれる一瞬しか見てねぇからねぇ。野崎、成田、磯谷の3選手の走ってる動画はマジで欲しいって思うなぁ。自分やほかの選手のは要らないけどね(笑)。


私にとっては、トップライダーに乗ってもらえるってのは、すごく大切なことなんですね。タンデムではトップライダーの為のマシンをつくっているわけではなくて、一般のライダーが楽しくお山遊びをできるマシンをつくっているんですね、自分でいろいろテストしながらね。自分が納得できるものをつくってお客様にお勧めしているわけですが、それが頓珍漢なマシンじゃだめなわけで、ちゃんとした性能の乗り易いマシンでないといけないんです。腕前も予算も使い方ものめり込み具合もいろいろなお客さまがいらっしゃるわけで、それぞれにとって楽しめる良いマシンじゃないとね。そこで私の感性や方向性など頓珍漢な部分があったら、トップライダーに「乗ってみたい」って感じてもらえるマシンになることはないわけですから。まぁ答え合わせ的な面も多々あります。
なので、野崎選手にも感謝しています。来年もイベント(スクール)に来ていただけるようお願いしますので、ぜひともよろしくね。真冬のナイトトレックに来る??遊びに。あっ、でも、夜じゃぁ、走りは見れないな(笑)。。
スポンサーサイト

嗜好

沢整備しようっと。

しばらく行かない間にたくさん雨が降ったりするとすぐ荒れちゃうんだよねぇ。しょっちゅう行って走ってれば少しの手入れで済むんだけど、なかなかそういうわけにはいかないしねぇ。虎車ばかり乗ってるなら行く機会も多くなるとは思うんだけど、そうもいかないし。
とりあえず今週末土曜はうんこ沢をやろうと思っています。2年ほど前のこんな感じでね
ソルジャー沢もやっておかないと、いろんな練習がしにくいからねぇ。三段ステア沢や廃屋奥の沢や、材木屋奥の沢もねぇ。春までにやっつけてしまおう。すぐに平谷が来ちゃうし、終わったらすぐ南牧だ(笑)。今年は、虎車は沢は多くなると思います、個人的な嗜好ですがね。いいかげん今年は、平谷ファーストクラス真ん中あたりに入りたいからねぇ。本当は、ちゃんとトライアル場での練習も必要だとわかってるんですが、好きじゃないんでほとんど行かないと思うし(笑)。お山や沢で、考えて練習して目指すんだ。


たくさん走りたい

毎週土日の早朝に走ってはいるけれど、本当は丸一日走り回っていたいんだよねぇ。週一の定休日も、いろいろ用事もあることが多いので、なかなか長い時間走りに行けたりもしないのが現状。この時期は日の出が遅いので、朝も走れる時間が少ないしねぇ。なんだか1年中走り足りてない気分でいるわ。

走り初めで・・

笑い話

走り初めの終わりがけ、ちょっとした難所でFiセローがエンストしてぜんぜんかからなくなった。なんとガス欠!。燃料警告灯は点いてないのに・・・って、キャブ車のメーターじゃんこれ!?どうやら、割ってしまったメーターを中古探して交換していたらしい。しかもキャブ車のメーターだと気付いてなかった。マジかぁ・・・と、此処までは笑い話。。
ダメなのはガス欠した理由。ちゃんと出かける前にタンクのガソリン量を確認してきてれば、絶対にガス欠になんてならないもんね。一人だったら置いて帰らなきゃ行けないし、一人じゃなきゃ仲間に迷惑かかるからね。これはねぇ・・話にならないね。乗りに行く前は確認するのが当たり前。もちろん、ガソリンだけじゃなくね。


おかしいなぁ?って感じたら、かならず診てもらいましょうね。

走り初めの途中、上れないセローの代走をしたヒデちゃんが、「クラッチめちゃすべってるぅ」。どうやら、つなごうとするとすごく滑りながら突然ガッってつながるらしい。で、オーナーに確認したら、「クラッチすべってるのかなぁ?って、おかしいのかなぁ?」って感じていたらしい。
おかしいなぁ?おかしいのかなぁ?って思ったら、必ず診てもらいましょうね。そのまま乗り続けないでね。マシンがちゃんとしてないと、上手くための大きな妨げになりますからね。
「良い状態なのか良くないのかがわからない」って方も居ます。それは、診てもらいならがらいろいろ教えてもらっていれば、だんだんわかるようになりますからね。

バイク屋さんにまめに通うのって、めっちゃ大切なことだよ。定期点検をしろって意味ではなくてね。かかりつけ医みたく、自分や自分のマシンをわかっててもらうってことはすごく大切。ちょっとマニアックな(笑)遊び方をしてる方は、なおさらね。。

頑張れ、ふかやっち

本日は、18時に閉店させていただきます。

PC130485_RS.jpg メンテする“ふかやっち”
段取りが悪かったり、間違って組みつけたり、いろいろ私に指摘されながら頑張る、2級整備士のふかやっち。
タンデムでは、「やる気があるなら、できることは自分でやりましょう」を推奨しています。「できないことは、さっさとタンデムに任せましょう」ってのも推奨しています(笑)。マシンメンテも楽しみのうちですからね。

「自分のマシンが整備されているところを見ながら覚えたい」ってのもOKです。昨日は、セル付きのトライアル車、ガスガス・コンタクトESの整備をしてましたが、ずっとオーナーが見てました。そういう時は、あぁだこうだ説明しながらやります。

自分でメンテすると、お店のありがたみやプロ価値がよくわかりますよね(笑)。
自宅でやると何かあったときに困りますが、ここでやれば聞けるし、もしなにかミスしても対処できますしね。お客様専用工具も用意してあるしね。


ふかやっちは、うちのオープン当初からのお客様。当時未成年だったふかやっちも、今では二児の父だし、もう40だもんねぇ。そりゃ俺も歳とるはずだわ。一緒に夜中に河川敷や雪の降る林道を走り回っていた彼も、今ではトライアル国際B級だもんねぇ。でもふかやっち、そろそろ道走れるマシン買って、俺と一緒にお山を走ろうぜ。。

マシンを含めて実力

5年前までTY250Zに乗ってました。15年間くらい乗ってたかな。TYZスペシャリストともいえる伊藤敦志さん(チャンプね)のお力も借りつつ性能アップもしてきていて、めちゃお気に入りマシンでした。でもねぇ、さすがに手放す頃には現代マシンとの性能差はいかんともしがたかったですけどね。2012年のSSDTから帰ってきてから、ガスガスに乗り換えたんですが、まぁ感動的に良かったなぁ・・・世界が違う感じ。圧倒的に歴然と、いろんなことをやってみようって思えるし、いろんなことがやりやすい。2016年のSSDTでまたベータを借りることにしていたこともありベータに乗り換えたんですが、メーカーが変わるとまた新鮮で楽しいし、それぞれ良いところがある。で、今はまたガスガスでラガ君なんですが、これもまた良いですねぇ、性に合うっていうのかなぁ。最新マシンじゃぁないけれど、新車みたいな上物だったし、性能的にはぜんぜんそん色ないと思うしね。
で、新しいマシンに乗って思うのは、いろんな条件が許されるなら「絶対に、できるだけ新しくてばっちり整備された良いマシンに乗った方が良い」ってことです。TY250Zめちゃめちゃ大好きだったけれど、圧倒的に今のマシンの方が楽しいもんね。
「マシンを含めて、それが実力」って、まさにそう思います。

でもまぁ、これから始めてみようかなと思っている方が、向いているか続けていけるかどうかまだわからない遊びの道具に高額なものを買えないってのもわからないわけではないですけどね。とりあえずお試しで安いマシンを手に入れるのは、ありだと思います。安く買えたら、その分手間とかお金かけて整備する(してもらう)のは必須です。でも、「この遊びは続けていけるな。上手くなりたいな。」って思った時点で、できるだけ早い時期に良いマシンに乗り換えた方が良いです。なんてったって上達も早いし楽しいからね。まぁいくら新しくたって、整備不良のマシンじゃぁダメなんですけどね。


一般のトレール車だとしたら、使う目的や遊び方にあった仕様変更もすごく大切です。たとえばフロントアップひとつにしても、ぜんぜんできないところから、ノーマル減速比でできるようになるのって、めっちゃ難しいですからねぇ。ノーマルのオフ車だけで練習してちゃんとできるようになるのは、ほぼ不可能に近いかもしれない。

なんにしても、道具を使う遊びですから、道具は良いに越したことはないってことです。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード