FC2ブログ

タンデム早朝トレッキングのすすめ

今年ももう終わりですね。私が走る早朝トレックも土曜が今年最後になります。今年も、例年同様毎週走りました。何回かはお休みした時もありましたが、土日ですから100回近くは走ったってことです。比率としてはオフ車の時の方が少し多いでしょうか。初心者トレックは、月に1・2回ですから15回くらいでしょうかねぇ。もう25年近く続けているし、土日走るようになってから15年は経ちますから2000回ちかくは走ってるってことになりますね。現在のようなトレッキングになったのは15年ほど前からでしょうかねぇ。。
丸一日走り回ることは年に数回しかありませんが、これだけ頻繁にお客様と走り回ってるバイク屋は、日本中探しても、そうそうないでしょうねぇ。タンデムの魅力の一つだと、自負しております。

そんな長い歴史のある(笑)タンデム早朝トレッキング、ぜひ一度体験してみてください。「こんな世界があったんだ!」って、ちょっと世界が変わっちゃうかもしれませんよ。
私自身が楽しむってことはもちろんですが、基本的にご来店していただけるお客様を増やすといった目的もあります、あたりまえですね。「面白かったぁ!また来たい。」って感じていただけた方が良いに決まってますんで、いろいろ考えて走ってますよ。ただまぁ、接待的な要素は皆無ですけどね(笑)。まぁ、参加してみたほうが良いってことです。お気軽にどうぞ。。


タンデムのセロー250やトリッカーに関してのノウハウは、この毎週の早朝トレックの中で培ってきたものです。私自身が実際に試しつつ、時にはトップライダーの意見も参考にしたりしつつ、楽しく遊べるマシンに出来るように積みかさねてきました。早朝トレックの常連さん方や、野崎選手とのイベントに参加した方などは、私のトリッカーやセロー250が、すっげぇ良いってのは目の当たりにしてますんで良くお分かりだと思いますが、Web上でしか見たことの無い方だとなかなか実感としてはわからないでしょうねぇ。早朝トレックに参加されれば、いつでもっていただけますけどね。ただ、欲しくなっちゃうかもしれないのは覚悟して乗ってね(笑)。
スポンサーサイト



お店に行かないと手に入らないものはたくさんある

極稀ですが、愛知県内からの部品の通販依頼があります。キャブとか、ステップとかですね。まぁ高浜まで来る時間がないとか、ガソリン代など交通費を考えたら通販もさほど変わらないとか、それぞれに理由があるかとは思います。でもねぇ、タンデムに限ったことではないでしょうが、お店に行って話をしないと手に入らない情報ってあるんですよねぇ。ご自身のマシンを前にお店の方と話すことでしか手に入らない、そのお店の得意分野の情報など役に立つ知識など、たくさんあると思いますけどねぇ。なぁんかもったいないよねぇ。貴方の好みの良いお店、見つけたほうが絶対良いです。ネットじゃわからないこと、いっぱいあります。

平谷翌日は恒例の・・・

定休日の早朝洗車整備です。へたっぴなオーナーのために頑張ってくれたマシンをねぎらいます(笑)
5時半起きで6時開始。約3時間ほどかな。。
DSCN8497_RS.jpg  DSCN8498_RS.jpg  DSCN8500_RS.jpg
普段の洗車では、エアクリーナーBOXまでは外さないけど。年に何回かはね。

DSCN8502_RS.jpg 壊すのはへたっぴな証拠だな。12,500円也(涙)。

DSCN8504_RS.jpg  完璧!さぁ、いっぱい乗るぞ!! 南牧も来年の平谷もすぐきちゃうぜ!

2012年の6月の記事をコピペ

土曜の雨マークが無くなったねぇ。。。ナイトトレック、楽しめそうね(笑)。。

自分ではほとんど以前書いた記事を見返すことがないんですが、たまたま検索してたら出てきた。
まだ、TYZに乗ってる頃だからねぇ。。このあとすぐにガスガスに乗り換えちゃったけどね。
225WEなんて、今でも乗り出し30万平気でするもんねぇ。。「なんだかなぁ。。」だよねぇ。
このころより、より一層セロ-250やフルサイズトリッカーを良くできますよ、今は。

ということで、以下 ↓

出来ることなら良いマシンを買ってほしい

トライアルやオフロード(トレッキング含む)を始めるにあたって、道具(マシン)を何にするかはすごく大切ですね。
まぁ、良い道具のほうが良いってのは、オートバイに限ったことではなくて、どんな趣味やスポーツにも言えることだけれども。

自分にむいていて楽しめて続けられるかは、本当のところ、やってみないとわからない。
いきなり40万も50万もする道具を用意することは出来ない。
どうせ転ぶんだから、キズは気にしないし。
なので、まずは安いマシンを手に入れて・・・。

そう、誰でも考えることです。誰だって、安いほうがいいですよね。
でもね、安くて良いものってのは、そうそうあるものじゃぁないんです。
キズはあったって何も問題ないけれど、機能部分はちゃんとしてないと話になりません。
安いってのはすごく大切な要素だけど、良いものってのが大前提です。
高いものが必ずしも良いものだとは限らないけれど、良いものは高いことがほとんどですからね。


古いマシンじゃぁ駄目だって言ってるわけじゃぁないんです。(競技をやるなら絶対新しいほうが良いけどね))
私だって14年もTYZに乗ってるんですしね。でも、私のTYZは、ちょっぴりチューニングしてあって、ばっちり整備されていて、なにも不具合はありませんし好調。
この「ちゃんと整備されている」ってこと、これがすごく大切。


オフ車にしてもトライアル車にしても、10年以上経っていてもバッチリ整備済で何の不具合もない車両なんて、そうそうあるものではありません。よほどしっかりしたお店で整備済みを買えば良いでしょうけどね。個人売買だったら、なんの不具合もない良い状態なんてほぼ皆無と言っても良いでしょう。
でもまぁ、個人売買などで安く買えたなら、自分でやるなりお店に出すなりして安く買った分お金かけて整備すれば良いんですけどね。


一般的な市販車はともかく、毎年毎年改良されて性能アップしてくるトライアル車なんてのは、もう歴然とした性能の差があって、古いマシンで難しいことも新しいマシンだと簡単に出来てしまうってことがたくさんあります。普段TYZに乗っている私が、最新のトライアル車に乗る度に、その性能差に愕然とします。
もっとも、私みたいに、その性能差を知っていてもあえてTYZみたいな古いマシンに乗るってのも楽しみのうちだと思いますが、けっして初心者さんにはお勧めできません。


オフ車の場合は市販車なのでオフロードのみを考えられて作られているわけではありません。むしろ現在はどのメーカーのどのモデルもオンロードのほうを重視して作られています。まぁこれは、時代から言ってしょうがないことですが。なので、トライアル車のようなレーサーとは違い、ノーマル状態ではオフロードで不具合なく遊ぶってのはなかなか難しいものがあるので、遊び方に合わせて的確に手を加えるってこともすごく大切です。


オフ車、たとえばセローだと、225よりも絶対に250やフルサイズトリッカーのほうが良いです。これは、225が悪いって意味では無くて、もう古いからです。古くたって、程度の良いもので適正な価格のものがあればきちんと整備することを前提に選択肢には入るんでしょうが、程度がそこそこで値段も手ごろな225なんてほとんど有りませんからね。すごく程度の良いWEなんて、乗り出し30万でしょう?一般的に。ふざけてますよねぇ・・・新車40万しなかったのに10年経っても30万?「あほか!」ってせかいですね。もちろん、程度の良い適正価格の中古車があれば、話は別ですがね。それでも、よほどしっかり整備してくれるお店で買わなければダメですけどね。
私がお山遊び用に手を加えたセロー250やフルサイズトリッカーは、少々控えめに言っても「めちゃめちゃ良い」ですから、値段はそれなりにしますがやはりお勧め。
何度も書いたことがあるんだけれど、まったく手を加えないでどノーマル状態で遊ぶのならば、時代背景や開発コンセプトなどからみても225のほうが良い部分もたくさんあるんだけれど、手を加えちゃったらねぇ・・・。


まぁオートバイに限らずどんな趣味もそうだと思いますが、ベテランで上手な人ほど良い道具を使っていますね、あたりまえだと思うけど。
でも、実際は、初心者ほど良いマシンに乗ったほうがいいんですね。その方が楽しいし上手くなるのも早いですからね。

なんもくれぽぉと

野崎選手のブログに、南牧耐久レポートアップされましたね
いやぁ・・・楽しんで走って頂けたようでなによりですね。

えっ?自分で作ったマシンにぶち抜かれる時の気持ちですか?
そうりゃぁもうねぇ・・悔し・・くはないですよ。だって乗ってるのが野崎選手ですからねぇ・・抜かれるのはわかっていたことですからね(笑)。でも・・ぶち抜いて行く時に、ニヤつきながら“バババッバッバァン”って無駄に空ぶかししていかれたのはねぇ・・(笑)。「こらぁ~・・・のざきぃ・・・なんか嬉しそうに抜いて行きやがったなぁ」って思ってました。。

>勝てなかったのも悔し…(×_×)
>今年の南牧耐久は、新たな挑戦に、タイム満足感、減点、大変不満足

って、勝つつもりだったのね。
ということは、勝つつもりにさせるマシンだったわけだ、タンデムトリッカー。
すげぇな・・俺      ってことにしておいてください。。(笑)

>あのマシンにて、またリベンジさせてください(>_<)(^_^)v

もちろんOK。 ちゃんと、シフトペダルの取り付けは、対策施しておきますぜ。。
うちのお客様もリベンジしなきゃいけない方もいるし、新たにチャレンジするであろう方もきっといるでしょうから、来年もきっと行きますしね。。だけど、次回は、抜かれるのは1回におさえたい、まじめに。。
あっ、そうそう、ヒデちゃんにトリッカーに貼る1番のゼッケン作るのを頼めるようにしておいてね(笑)。



でもねぇ・・真面目な話、ドローンかなにかで野崎選手が走ってるところをずっと映してるような動画が欲しいって思ったね。抜かれる一瞬しか見てねぇからねぇ。野崎、成田、磯谷の3選手の走ってる動画はマジで欲しいって思うなぁ。自分やほかの選手のは要らないけどね(笑)。


私にとっては、トップライダーに乗ってもらえるってのは、すごく大切なことなんですね。タンデムではトップライダーの為のマシンをつくっているわけではなくて、一般のライダーが楽しくお山遊びをできるマシンをつくっているんですね、自分でいろいろテストしながらね。自分が納得できるものをつくってお客様にお勧めしているわけですが、それが頓珍漢なマシンじゃだめなわけで、ちゃんとした性能の乗り易いマシンでないといけないんです。腕前も予算も使い方ものめり込み具合もいろいろなお客さまがいらっしゃるわけで、それぞれにとって楽しめる良いマシンじゃないとね。そこで私の感性や方向性など頓珍漢な部分があったら、トップライダーに「乗ってみたい」って感じてもらえるマシンになることはないわけですから。まぁ答え合わせ的な面も多々あります。
なので、野崎選手にも感謝しています。来年もイベント(スクール)に来ていただけるようお願いしますので、ぜひともよろしくね。真冬のナイトトレックに来る??遊びに。あっ、でも、夜じゃぁ、走りは見れないな(笑)。。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード