望年会でした

楽しかったぞ、俺は。
何がどう??って?・・・そりゃぁ来てみなわからんな。
遊ぶぜ!今年も。 幹事よろしくな(笑)>君たち。。
ちょっと喉痛い。。辛口しゃべりすぎたか??
まぁ、何か言われた方たちは「俺って大将に愛されてるんだなぁ」って良い方向で解釈しておいてくれ(笑)。。
スポンサーサイト

自分でやれることは良いことだけど、やれるようになるにはまず・・・

タンデムでは、「出来るメンテは自分でやる」ってのを推奨しています。もちろん、「お金だしてプロにやってもらう」ってのも推奨ですが(笑)。タンデムには、無料で使えるお客様専用の工具セットが用意してありますから、いつでも自由に使えます。べつにうちで車両を購入されてない方でも使っていただけます。

で、タンデムに来て自分でメンテするってことの良いところは、「わからないことは聞ける」とか、「終わってからチェックしてもらってっ確認できる」ってことですね。何をするにしても、良い状態ってのをわかってなければ出来るわけないですから、わからないことは聞いてちゃんと良い状態に出来ていて「こうなっていれば良い」ってのを覚えることが大切ですからね。なので、自分でやっても、最終チェックをしてもらわないと、あまり意味ないんです。ただ工賃が浮いたってくらいだけで、自分の身についていなきゃ意味ないもんねぇ。いろんなことをしていきながら覚えていければ一生ものの価値になりますね。あとは、自分でやると、プロにお金を払ってやってもらうことの価値が改めて良く分かるってこともありますけどね。


先日一緒に走った初心者さんのなかに、ブレーキレバーがとんでもなく上を向いている方が居ました。なんでも、ハンドガートをつけたらホースが当たってしまってちゃんと位置に出来なかったそう。まともなブレーキ操作ができないような位置だったんですが、それだとハンドガードの意味が無いですね。レバーが曲がりにくいようにとか、手を怪我しにくいようにとかで付けるハンドガードですが、それはそれで良いとして、それ以前にいろいろ操作がしやすいことの方が大切ですね。ご自分でかお仲間と一緒にか取り付けたんだと思いますが、ちゃんとお金払ってしっかりしたお店で付けてもらうのも選択肢ですよねぇ。まず最初に乗りやすくないと始まらないですからね。
先週クラッチ交換をされた方のクラッチケーブルは、取り外してみたらほとんど動かせなかった。そりゃぁクラッチが滑ったり、操作しづらかったりしますね。で、上れるところも上れなかったりする。乗る腕前以前に、乗りにくいマシンじゃどうしようもないですね。
良い状態のマシンに乗らないと、上手くなるのも遅くなります。


これまでたくさんいろいろ見てきて、ほぼすべて自宅でメンテや修理をしている方のマシンで、たまに私が試乗したりチェックしてみたりする機会があって、「おぉ!ばっちりじゃん、良い状態で乗りやすいねぇ。」ってことはほぼ皆無かな、ほぼね。。

自分の大切なマシンをつねに良い状態で乗りやすくしておくのに絶対間違いなく一番良いことは、出来るだけまめにタンデムに来て私に見せるってことです。で、少しづつでも教えてもらいながら自分でメンテできるように覚えていくことですね。

「でもなぁ・・俺、タンデムで買ってないしなぁ・・」って方もいますね。ん~・・他所で買った方を断っていたら商売になりませんね。何かをきっかけに、うちのお客様になっていただければ良いわけですから。好みが合えばね(笑)。。

好みはそれぞれ・・・・

ランチに行ってきた。店の近くにあって、ランチ時はほとんどいつもいっぱいになって待っている人も居るくらいのパスタ屋?さん。初めて行ったんだけど、なんではやっているのか不思議。1300円~1500円はするので、高浜なんていう田舎でのランチにしてはけっこうお高めだよね。でも、いつもいっぱいなんだよねぇ。私としては「2度と行かないね」って評価なんだけど、多くの方々にとっては「また来よう」なんだよね、何年もはやってるんだかから。いやまぁ、不味くて行かないってわけじゃぁないんだよね、ふつうに食えますから。「うめぇ!!」じゃないけどね。「1300円だしてこんなもん食うんなら、他にもっと美味いもんあるやん」って思うもん。まぁ、要は好みが合わんってことなんですよね。

タンデムなんて、めっちゃ好みが合わない方って多いんじゃないかと思うわ。逆に「ど嵌まり」って方も少ないけど居てくれると思いますけどね。セローやトリッカーに関しては、絶対に他所では出来ないことを提供していますけどね。セロー・トリッカーに関しては、「タンデム以外で買うなんてあり得んし、ましてや、タンデム以外に仕様変更の依頼するなんて考えられないわ」って思ってくださる方も居れば、「何処でもそうたいして変わらへんでしょ。」って方も居るでしょうしね。私のことが嫌いって方も、きっといる(笑)。まぁねぇ・・・好みなんで。。。

でまぁ・・昼に満足できなかったけど、夜は行きつけの寿司屋に。そこはねぇ・・好みに合うんだね、居心地も良いし、まぁ美味いのは当たり前(それがなけりゃ話にならないもんね)。で、良い時間だったなぁってなればOKなわけです。

道具は大切だよ、ちゃんとしたマシンに乗らないとね。

今日のオフ車トレックで壊して修理に来られた方のセローにビックリ。思いっきりハンドルがひん曲がっています。本人曰く、「2・3日乗ったら慣れちゃって、乗れないことはないよ。」とおっしゃる。付いているハンドルの高さも形状も取り付け角度も、トレックに適してもいない。ん~・・・これじゃぁなかなか上手くはなれないかなぁ。やっぱりねぇ・・ちゃんとしたマシンに乗らないと、確実なちゃんとした操作は身に付きにくいですねぇ。ハンドルが曲がっていたり、レバーが曲がったままだったり、フォークがひねっていたり、クラッチが重かったりとかしていたら、そりゃぁ必要な操作が的確にはできないでっすよねぇ。ただでさえまだまだなのに、マシンが良くないとなおさらです。その方、開けっぷりも良くて、常連の上手な方の間ではなかなか評価が高いので、なおさらもったいないよねぇ。はやく上手くなっちゃって、同じレベルで走り回りたいってみんな思ってるんだけどなぁ。期待してますよ、どうやらみんなの間では、今年の平谷の面子に入っているらしいですよ(笑)。

まぁ、遊びでも仕事でもスポーツでも、腕の良い人上手い人強い人ほど良い道具を使っていますね。高い道具=良い道具ってわけでは必ずしもなくて、ちゃんと手入れされた使いやすい目的にあった道具=良い道具ですね。

たくさん走れる喜び

先週末は、ナイトトレックにピンポンパンにと、たくさん走れてめっちゃ幸せでした。週一休みの自営業ってのは、長い時間思い切り乗るってことがなかなか出来ないんだよねぇ。なので、仕事にかこつけて乗るようにしているわけです。バイク屋さんて、あんまりプライベートではたくさん乗れないんですよ。
丸一日とか一晩中とか何日もとかっていっぱい乗りたいわけです、私はね。なので、平谷とか南牧とかってのは、私にとってはめっちゃ大切な大会なんですねぇ。お客様と参加するって大義名分もあるしね(笑)。正直、正味30分しか乗れない選手権ってのは、私にとっては何の魅力もありません。もちろんいろんな大会でそれぞれの魅力があるんだけれど、あくまで私の価値観での話。
で、究極がSSDTなわけですよ。べつに「これまでの集大成」だとかそんなくだらない思いなんて全くなくって、単純にめいっぱい乗れるってのが一番。それも丸一日が6日間もあるんですよねえ。しかも、走り応えがあって(私レベルだとありすぎるんだけど)、すばらしい大自然の中を全開で走り回れるんだからねぇ。こんな至福の時はありませんね、めっちゃ辛いけど(笑)。もちろん、“挑戦”ってのもあります、あたりまえですね。ヘタッピだし英語も出来ないんだけどね。

オフ車やトライアル車以外のバイクだって当然好きなんで、オンロード車にだって乗りたいんですけどねぇ。でもまぁこれは現実問題として時間ないんで、今はないんだけどね。

まぁ、なにはともあれ、乗ってりゃ機嫌良いんでね。。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード