FC2ブログ

ビッグボーイ

今朝は、ビッグボーイがいくつか来ることがわかっていたので、のびた坂の整備に。
あっ、ハンバーグじゃぁないからね。
のびた沢がとんでもないことになっていたので、同じ谷筋ののびた坂も心配だったんだけど、思いのほか大したことがなかったんで良かった。ビッグボーイの威力をまざまざと見せつけられたので、替え刃(2000)を注文してしまった。で、「せっかく整備したんだから上ろう」ってことで、上がって終了。

明日は、久々の虎車だ。楽しみだなぁ・・。

SSDTの絶景ドローン映像があった。私もこんな絶景の中を走ったけど、こんなにさわやかな記憶はあまりないぞ(笑)。。
スポンサーサイト

大掃除のお手伝いさん、募集です。

12月29日、店の大掃除をします。
そこで、若干名のお手伝いさんを募集します。
お昼ご飯出ます。日当も少しですがでます。
「しょうがねぇなぁ、タンデムに恩でも売っておいてやるか」ってかた、いらっしゃいませんでしょうか?
ご連絡お待ちしております。

タンデムの年末年始の予定は・・
30日の日没くらいまでは店を開けてます。
1月4日は走り初めです。5日はどうしようか思案中。
早朝トレックは、6日から始まります。
7日(月)は、定休日の予定です。
お正月休み中に困ったことがありましたら、お電話いただければできるだけ対応させていただきます。ただ、お酒飲んじゃってることが多いと思うので、引き取りはできないと思っていただいた方が良いかと思います。お店での対応はさせていただきますので、困ったらとりあえずお電話ください。

セローのノーマルハンドルにアルミハンドガードを付けるには

DSCN8028_RS.jpg アルミのハンドガードですが
タンデムではこういったアルミのハンドガードをセローのノーマルハンドルに取り付けることを、全然まったくちっともお勧めしていません。むしろ「ダメです」って言ってしまうことが多いんです。

それはなぜかというとですね・・・

まず取り付けるにあたって、必ずグリップをくり抜いてハンドルのエンドより内側にしないといけません。
DSCN8015_RS.jpg こんなふうにね。
よく、グリップやスロットルパイプの端っこを切り落としてしまってる方を見かけますが、それはダメですね。
DSCN8017_RS.jpgで、ハンドガードがハンドルのエンドにしっかり当たってないと
転倒時にスロットルが回らないとか戻らないとかになってしまいますね。

で、ノーマルハンドルに取り付ける場合には、ハンドルのエンドをハンドガードとしっかり当てて取り付けることが難しいんです。くり抜いて内側に寄せてやれば良いんでしょうが、そうするとハンドル幅(左右のグリップの幅)が狭くなりすぎて操作しにくくなるんですねぇ。ノーマルハンドルは幅が狭いので、それ以上狭くしたくないんです。
でもまぁ、「それでも・・・」ってこともありますので、その際はどうするかっていうとですね・・。
DSCN8019_RS.jpg つまりは、この状態のまま取り付けたいわけです。
DSCN8023_RS.jpg なにも対策せずに隙間を開けて取り付けてしまうと
DSCN8022_RS.jpg 転倒時に内側に入ってスロットルが回らなくなります。

DSCN8026_RS.jpg そこで登場するのがこれです。
ワイズギヤのハンドガードの補修用コーンエキスパンダ(アンカーセット)です。
このワイズギヤのハンドガードは、転倒時のガードにはなりません。材質も柔らかいプラスチックだし、手で簡単に曲がるような薄いプレートでミラーやレバーと共締めで取り付けるので、全然強度がありません。「ガードと言って売っちゃいかんだろ」って思いますが、ちゃんと商品説明に「草木や冷たい風からライダーを守る」って書いてあって、「転倒時にライダーを守る」とは書いてないので、それはそれでOKですね。とまぁ、話がそれましたが、そのハンドガードの補修部品を使うんですねぇ。
DSCN8024_RS.jpg 段差が付けられていて
DSCN8025_RS.jpg グリップに当たらないようにしっかり取り付けできます。

でもまぁ、やはり、アルミハンドルに交換して取り付けたほうが良いんで、タンデムでは「どうしても・・・」って時にしか、ノーマルハンドルにはアルミハンドガードを取り付けることはしませんけどね。

セロー250用TGRリヤサス値上げになります

テクニクスさんの、セロー250用のTGR TEC-1.1 performance Shockが、来年1月1日以降の注文分より57,000円(税込)に値上げされるそうです。8千円の値上げですねぇ・・ちょっと大きいな、しょうがないことですけどね。
ご検討中の皆さん、年内に注文しておきましょうね。。

こりゃぁ初めてだ

Spl整備&仕様変更でお預かりしたセロ-250初期型(キャブ車)、「よっしゃ整備完了ぉ」って試乗したら、「げっ、クラッチ滑ってんじゃん」。おとなしく走ってりゃ滑らないけど、思いっきり開けるとしっかり滑る。で、交換しようと開けてみたら・・・
DSCN7978_RS.jpg  ありゃま、割れてんじゃん。。こんなん、初めてだな。
他にとくにおかしなところはなかったんで、新品交換して、WRのスプリング組んで、完了。
いっぱい良い部品組んでばっちり整備したんで、乗り味すっげぇ良くなりました。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード