225ネタが続きますが・・・

お客様への経過報告も兼ねて(笑)、また225ネタです。
DSCN6871_RS.jpg  セロー225 クラッチ分解中
DSCN6880_RS.jpg  きれいに焼けてますね(笑)。交換です。
ついでに、少々手を加えます。
DSCN6874_RS.jpg DSCN6875_RS.jpg クラッチボスにオイルが通るように穴を開けます。
4JG6までには、穴が開いていません。5MP以降は、3ミリほどの穴が開いてます。セロー250にもWR250Rにもこの穴はあります。何処でも良いってわけではありません、回転方向がありますからね。
DSCN6878_RS.jpg アジャストスクリューの溝にあるOリングは、取ってしまいます。5MP以降にはありません。
DSCN6879_RS.jpg クラッチスプリングを少しかたいものに。。
DSCN6881_RS.jpg レバーを伸ばして、操作を軽くします。

まぁ、定番の改良ですね。
スポンサーサイト

まだまだ人気の根強い225

DSCN6856_RS.jpg 腰上分解中  
5万km弱走ってるんですが、状態が良くてちょっと驚き。よほどオイル管理が良かったのか、走りがおとなしかったのかかな。225は、どうしても熱的に苦しいんで、シリンダーが減ってたり焼きつきってことではなくキズがあったりてことがあるんですが、この車両はあたりですね。足回りは、まぁ5万km相当でしたが、全体的に良い個体ですねぇ。
といっても中古車じゃないんです。遠方のお客様よりの整備のご依頼の車両です。「せっかく新たに手に入れたので、きちんと整備して調子良く長いこと乗りたいですから」ってことです。車体関係はほぼ作業はできてますので、リング交換と、燃焼室周りをちゃんとメンテして組み上げます。あっ、クラッチ板も換えますね。バッチリにしてお渡ししますので、もうしばらくお待ちくださいね。


DSCN6858_RS.jpg  キャブキット製作中
GW前に在庫を切らしてしまったので、作ってます。が、バックオーダーは解消したんですが、在庫できませんでした。今日、また部品発注したので、1週間後くらいには在庫も出来る予定です。

ここはねぇ、まぁしょうがないかもなぁ。

DSCN6854_RS.jpg DSCN6853_RS.jpg 今日修理した225のスイングアームのカラー
ここはねぇ・・・こうなりやすいんですよねぇ。他のリンク部分は、交換までにはなってなかったんですが。セロー225にはグリスニップル付いているんですが、このスイングアームの付け根の部分は、どうしても焼きつきやすいんですねぇ。分解した車両は、かなりの確率で要交換な状態ですね。なかには、ぜんぜん抜けなくて困っちゃうこともあります。距離走ってなかったり、オフであまり使わないとかならば、グリスニップルからグリス挿していればこうはならないんですが、オフの使用が多かったりすると、挿していても焼き着いちゃう場合もありますね。他のリンク部分は、グリス挿していれば、ひどく焼き付いてしまうようなことはまずありません。写真のようになってしまったら、ニップルから挿したってぜんぜん意味ありませんから、分解してグリスアップするしかないです。
DSCN6849_RS.jpg これは、先日交換した、遠方よりお越しの5万km弱走行した4JGのものです。
スイングアームに通ってるリンクをとめるボルトも減ってしまっていました。
やはりセロー225は、手に入れたらまずちゃんとメンテナンスしてやってくださいね。一度しっかりやっておけば、あとはfグリスニップルから挿すことで良い状態を維持できるかと思います。ただ、挿す時はやりすぎるとオイルシールが抜けてきてしまうので注意してくださいね。

DSCN6852_RS.jpg 2LNから4JG6までのノーマルキャブですが。
横のダイヤフラムカバーは、必ずひびが入るか折れてしまうかします。そう、いつか必ずこうなります。おそらく換えたことが無い225だと、ほぼ全車ひびが入るなどしてると思います。ここ折れてしまっても、ぜんぜん走れないってほどの絶不調にはならないんですが、調子良くは走れませんね。この部品、2LN発売当時は部品設定が無かったんですが、4JGが出てしばらくした頃だったかに、部品設定されました。当時からひび割れることが多かったんでしょう。ここも、手に入れたら要チェックですね。

DSCN6855_RS.jpg エアクリーナエレメントも朽ちちゃってるの多いんです。

未だに根強い人気のセロ-225ですが、手に入れたら、調子良く良い状態で楽しく乗り続けてくださいね。外装のグラフィックなどはもう手に入らないものだらけだったり、5MPのCDIユニットがもう廃番だったりですが、通常のメンテに必要な消耗パーツなどで困ることはまだ当分の間ないかと思いますからね。もしお困りのことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

営業時間のお知らせ

急で申し訳ございません。明日16日(火)は、急な用事が入ってしまい、15時前には閉店させていただきます。電話は通じると思いますので、お急ぎのご用の方はお電話にてお問い合わせくださいますようお願いたします。

また、19日(金)は、18時に閉店させていただきます。
20日(土)の早朝トレックは、おそらく開催できません。

なんだか、めんどくさいんだけど、あえて。。

昨日の記事について、まぁ頓珍漢なコメントがあったんですが、あまりにバカバカしいんで、シカトしてようかと思ってたんですがねぇ。
100円回転寿司を馬鹿にしていると受け取る人も居るようですね。まぁ勝手に受け取ってくれていいんですがね。
私は、今回行った店の商品が100円に値しないと思ったから書いたんだね。だからあえて店の名前を載せなかった。息子がまだ小学生だった頃、たまにスシローに行ってましたが、そこは「100円でこれなら上等だよねぇ」って思って何度も行ってました。でも、今回の店では、100円の価値も無いと感じたんだね、ありえんかった。企業努力で、決められた価格で可能な限り良いものを提供しようとするなんて当たり前だし、会社がそうしようと努力していることだってわかりきってるし。シャリを機械で握るのだって、フロアのスタッフを減らすべくタッチパネルで注文できるようにしたりゲーム性を出したりするのだって努力の一環だってわかってるよ、そんなこと。ネタだって値段なりのものなんでしょう。でもね、出てくる皿の上の寿司のネタが落ちかけていたり、丁寧に乗せられて無ければ、それは商品として不良品だわね。冷蔵庫から出したばかりのような冷え切ったネタが乗っていても美味くはないね。要は、提供された商品が不良品だと私は感じたってことです。最終的に商品を仕上げてお客様に提供するのは人ですね。今回の店はそれがダメだったってことです。以前の回転寿司では、お客様から見えるところで商品を仕上げていたんだけれど、今では?なのか今回行った店では、お客様から見えないところで商品を仕上げて皿に乗せてたんだけれど、まともな商品が提供できない理由の一つはそれでしょう。。安いんだからしょうがないでしょ、ってんじゃぁ商売にならんでしょ。100円だからそんなもんでしょ、って思う人も居るんだよね。それは人それぞれで良いんじゃないの?

で、バイク屋の話ですが、基本的に安い中古車ほど整備に手がかかります。だからと言って、「安く売ってんだから、まぁこんなもんでしょ。」って整備してお客様にお渡ししていたら商売にはなりません。それは伝わりますからね。うちのことで言うと、セロー225なんて、納車整備にほんと手がかかります。これまでまめにサイトをチェックしていてくれてる方ならわかると思いますが、うちの225の中古車の乗り出し価格は、他所より安いと思いますよ。でもね、うちのように整備してお渡ししている店は、そうはないでしょう。
私は、そういう仕事はしてないつもりですよ。

なんだか、当たり前すぎて書くのもめんどくさいんで、ここまでね。この記事にはコメント要りませんからね。書いても、すぐ消しますからね。
プロフィール

タンデム

Author:タンデム
愛知県高浜市のバイク屋タンデムです。

タンデムのホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード